たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2017-07-02       火山列島採集調査(3)南硫黄島 & 北硫黄島 〜 あっ、金田更新してる

雨に霞む南硫黄島

夕方に硫黄島を発ち、朝方 南硫黄島に到着。
遠くから段々と島が大きくなる様子を見たかったが、早朝に起きたら既に到着してしまっていた。

雨に霞む南硫黄島

海上はうねりが大きく、時折 大粒の雨が一面を叩きつける。
916mの山頂は雲に隠れ、いまだ全貌を見せようとしない。

夕陽を浴びる南硫黄島

沿岸と三ツ星岩で1本ずつ潜った後、波打ち際に上陸し、タモ網でアミキカイウツボ属の1種を採集した。
このウツボは正体が不明だったが今回の調査でようやく判明。
ウツボの専門家である九大のHBN君に筆頭著者になってもらい、今後論文としてまとめる予定だ。

南硫黄島をバックに調査隊メンバー全員で

夕方になってようやくうねりも落ち着いて来た。
調査隊メンバー全員で、南硫黄島をバックに記念撮影。

南硫黄島で見る夕陽

硫黄島の調査と南硫黄島の調査は一日ずつ
この後 夜になってから北硫黄島へ出航した。

北硫黄島(西側から)

西側から見た北硫黄島。 この島には戦時中まで村が二つあり、人が住んでいた。
実際に島を見て、ここに人が住んでいたことがとても信じられない‥‥。

北硫黄島(北側から)

北側から見た北硫黄島。

北硫黄島(南側から)

南側から見た北硫黄島。

船上で晩メシの準備

昼間の調査を終え、船上で晩メシの準備。
北硫黄島は二日間の調査予定。

北硫黄島で見る夕陽

船上から水平線に沈む夕陽を見る。
今晩はこのまま北硫黄島の横で船中泊。

写真 D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G
スポンサーサイト

        2017-06-18       火山列島採集調査(2)硫黄島〜ニートの日々から脱ニートの日へ

土砂降り続きの父島

5月下旬、3代目おがさわら丸に乗ってまずは父島へ。
梅雨の終わりにあたるため、連日の土砂降り。ついには父島に土砂災害警報が出たほど。
海況も悪く、一時は調査の中止も話に上がるほどだった。
そして父島待機=ニート生活もとうとう10日間に‥‥。

これ以上日程をずらすと、あとは調査日数を縮小することになるという段階で、やっと天気が落ち着き(のように見えた)、いよいよ出港となった。

今回は火山列島(北硫黄島・硫黄島・南硫黄島)と西之島沿岸が調査対象で、
北硫黄島・南硫黄島・西之島は波打ち際への上陸許可も得ていた(寝るのは漁船内)。

許可申請の数は多く、下記5申請を多数の機関へ申請した。
(1)文化庁・東京都教育庁・小笠原村教育委員会
(2)環境省・関東地方環境事務所・小笠原村自然保護管事務所
(3)林野庁・関東森林管理局・小笠原総合事務所
(4)国土交通省・日本小型船舶検査機構・小笠原島漁協
(5)東京都産業労働局水産課・小笠原島漁協

その他、海上保安庁2ヶ所と海上自衛隊3ヶ所へも調査の通知を行った。

申請中、西之島が噴火してしまったので、西之島の上陸は中止、帰りに寄るだけとなった。

世界遺産センターにて

対象海域のうち、特に南硫黄島は、人為的な影響をほとんど受けていない、原生自然環境保全地域となっており、
外界からの生物の持ち込みおよび外界への生物の持ち出しを厳しく制限している。

船に積載する荷物は、まず自然保護官の立会の元で検疫をした後、世界遺産センター内ダーティールームへ持ち込む。
ここでビニールなどで包み、マイナス20度以下で24時間以上の冷凍処理、あるいはバルサンによる燻蒸処理を行う。
処理済みのものをクリーンルームへ運び、船へ積載するまで保管する。

手前が私たちの調査器材。潜り道具や着替えなども含む。
奥は私たちの後に陸上調査を行う予定の首都大&東京都チームのスペース。

首都大チームは陸上調査なので、私たちよりかなり厳密。
器材はほとんどを新品で用意し、船に乗る時の服もすべて新品で用意。

傭船する漁船

傭船する漁船。9.7トン、ここに全7名が乗船して5泊6日間、船中泊しながら調査を行う。

船室の入り口

ここが船室への入り口。

船室にて

船室。高さは1mほどだろうか。立ち膝で頭が天井に着く。

ここに私を含む4人が寝て、船長は操舵室の板の上、乗り子は奥の部屋、
ダイビングインストラクターは後部甲板で寝る。

環境省の自然保護官による検疫

自然保護官の立ち会いで、漁船の検疫。
ネズミやアリ類が入らないよう、数日前から粘着シートなどを仕掛ける。

荷物を積載

世界遺産センターから、検疫済みの荷物・器材を積み込む。
さぁ、いよいよ火山列島へ向けて出航。

硫黄島

父島出航から漁船に揺られること18時間、早朝に最初の調査地である硫黄島へ到着。

硫黄島は大シケ‥‥!!
うねりは大きく、叩きつけるような土砂降り。
アネロン(酔い止め)を2錠飲んでも船酔いは収まらず。
一応は酔い止めが効いているのか、吐くことはなかったが、かなりキツかった。
ここ2年ほどは潜りに行く回数も少なく、ブランクが長いことも影響したと思う。

夕方になってやっとうねりが収まったので、初めてカメラを取り出して写真を撮ることができた。
ここが "あの" 擂鉢山だ。

戦没者慰霊にと、日本酒を用意して来たのだが、どのコンテナに入れたか分からず、揺れる甲板で探す気力も起きず。
日本酒は諦めてクーラーに入れておいたビールを二缶、海に撒いて手を合わせた。

調査中の荒れた海は、信じられないような幻想的な光景を見せる時もあり、
ぜひとも写真に収めたいと思いながら見ていたが、どうしても身体が動かず。
結局誰もカメラを取り出すことができなかった。

硫黄島の砂浜に残る米軍船の残骸

硫黄島での調査は、監獄岩の東側で一本、擂鉢山の地先で一本、計2本潜った。
砂浜には米軍の船が残骸として今も残っている。

硫黄島の砂浜に残る米軍船の残骸

続く。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, AF-S Nikkor 35mm F1.4G

        2017-06-14       火山列島採集調査(1)

南硫黄島

2010年・豆南諸島(べヨネース列岩・須美寿島・鳥島・孀婦岩)採集調査
2012年・豆南諸島(べヨネース列岩・須美寿島)

に続く、大型調査が終わりました。
この10年のアカハタ研究の集大成になる調査。
ある意味、研究者人生を懸けた調査。

行き先は‥‥火山列島!
南硫黄島(上写真)・硫黄島・北硫黄島の3島を中心に、
北硫黄島の北西にある噴火浅根(頂上が水深14mの海底火山)にも潜り、帰りに西之島へも。

父島の漁船を傭船して、漁船で寝泊まりしながら5泊6日。

硫黄島

硫黄島、擂鉢山。

北硫黄島

北硫黄島。ここは二日間。

噴火浅根

噴火浅根。

噴火する西之島

西之島。
溶岩を噴き出しているのが見える。

噴火する西之島

噴火する西之島

続報は追々。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2016-03-20       空席を除けばほぼ満員

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

沖縄出張で美ら島財団(美ら海水族館や首里城を管理している財団)の研究部へ。
用務は科博の展示用に全長3.2mのホホジロザメを標本処理するため。

先日美ら海水族館で数日飼育されてニュースになった個体とは別で、2年前に延縄にかかって冷凍保管されていたもの。
美ら島でホルマリン固定し、6月に科博の上野本館(展示館)へ移送されて7月からの特別展で公開される予定。

吻端や顎周りを中心にポツポツと穴のように見えるものは、電気受容器官であるロレンチーニ瓶。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

歯を見せるために口を開けた状態のまま、顎周りにホルマリンの原液を注射し、固定。
腐敗を防ぐために腹腔と筋肉中にも同様に注射して一晩置く。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

注射しているところ。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

次の日、クレーンで釣り上げて10%ホルマリン溶液のタンクに入れる。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

ホルマリンを入れる前に各鰭を整えているところ。
この後、ホルマリンを入れて10%溶液に調整し、浸液固定へ。

今回は日経新聞社とBSジャパンの撮影クルーが取材のため同行していたが、
日経の人たちはさすがと思わせるような専門的な質問をぶつけてきたり、
BSの人たちは魚突き関係で繋がりがあることが判明したり、
両社に北大・恵迪寮出身の人がいて恵迪寮ネタで盛り上がったり、
いつもとは違う面白い出張となった。

写真
ネズミザメ目 ネズミザメ科 ホホジロザメ Carcharodon carcharias
D700 + Distagon T* 2/35 ZF

        2015-11-15       女性全員に半袖ニットの着用を義務付ける法令を施行するべきだと思う

DFWS 4th

10月の下旬に約10日間のワークショップがあった。
新宿分館時代に稚魚ワークショップを1回、深海魚ワークショップを3回、筑波に移転してから底性魚ワークショップを3回行っており、
今回が底性魚ワークショップの4回目で、一連のワークショップもこれがとりあえず最終回、これで一段落。

ワークショップでは国内外からさまざまな分類群の専門家を講師に招き、国内の大学院生のトレーニングを行う。
今回の講師はオーストラリア(メルボルン博物館)・ニュージーランド(テ・パパ国立博物館)・北大から計3名、
学生は北大・三重大・京大・高知大・宮崎大・鹿児島大から計9名と、今までで最も小規模(予算の関係)。

アケビ

途中、施設メンテナンスのための全館停電の日があったので、その日はワークショップはフリーとし、
私たち科博のメンバーは植物園の池の魚類調査。

じゃぶじゃぶしてたらアケビを見つけた。
栽培用に品種改良されたやつだね。

アケビ

蜜が出ていてちょうど食べごろだった。

ゲンゴロウブナ Carassius cuvieri

植物園の池の魚類調査は2回目で、前回はギンブナが捕れていたが、今回はゲンゴロウブナも(いわゆるヘラブナ)。
誰かが放したんだろう。

フナ類に限らず淡水魚の標本写真はほとんど撮ったことなかったけど、こうして見ると鱗が金光りして結構きれい。

写真
D3 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Distagon T* 2/35 ZF, Macro APO-Lanthar 125mm F2.5 SL

        2015-07-18       イイハナシダナー

ネムリブカ

9・10・11号と三つの台風が発生する中、奇跡的にその影響をほとんど受けることなく約2週間の小笠原調査が終了した。
海に潜るのは昨年10月以来、8ヶ月以上ぶり。
今回は研究調査での小笠原訪問で、メンバーは科博と鹿児島大の6人。
私は素潜りオンリー、他の5人はスクーバでの採集。

水温は水面28度、水中(〜水深20mライン)26度という高水温のためカンパチはまったく期待できず。
ただ、一箇所だけ深場から冷たい潮がわき上がっているポイントがあり、その一帯だけ水面22度、水中21度。
そしてそこで一回だけ15kgくらいと12kgくらいのカンパチがペアで回ってきたが、そんな時に限って銛を打ち外してしまった。
今回は非常にヤステクが冴え、狙ったところにバシバシ刺さっていたのに、この一回だけ外してしまうという形に‥‥。

調査のターゲット種は、コガネヤッコやイレズミゴンベなど小型種ばかり。
その他、頼まれ仕事でシマタレクチベラとアジアコショウダイ、オビシメ、サメ類。
頼まれものについてはほとんど捕ることができた。まぁ相変わらずサメ捕るのはダルいな。

他には約70cmのカッポレくらいかな。聟島や母島列島、豆南では珍しくないが、父島列島海域ではこの大きさはなかなかじゃないかな。

参加者

いつも泊まっている宿が村長選挙直前のためにお休み。
今回は採集した魚の現地処理もあるので、首都大学東京(旧・東京都立大)の施設に泊まった。

作業風景

作業風景。
毎朝6時起きで準備して海へ、夕方になる前に戻り、夕方から作業が始まり、遅い時は夜中2時までやって就寝、の繰り返し。
首都大の施設なのでいろいろとやりやすかった。

さぁ次は休暇を取っての遊びの魚突き遠征。
‥‥の予定だが、台風12号の進路と速度次第ではかなりまずいことになりそうだ。

写真
(一枚目)D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G
(二枚目)D3200 + AF-S DX Nikkor 35mm F1.8G (by K. Koeda)
(三枚目)D3 + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

        2015-06-29       そこでリキラリアットですよ

小笠原・聟島列島

今晩都内に泊まって、明日から約2週間(2航海)、小笠原調査のため不在です。

天気は良さそう、海況はちょっと不安。
水温は高すぎィ!カンパチは期待できないね。
まぁ調査だからそっちがメインじゃないので仕方ないけどね。

写真
小笠原群島・聟島列島(2011年7月)
D3 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G

        2015-06-15       カントリーマアムの反対 ---> メトロポリスダディ(クッソ強そう)

薔薇

前回の記事から一ヶ月経ってしまった‥‥。
5月には沖縄に行ったり、山形に行ったり、一時帰宅があったりと、まぁいろいろ忙しかった。

薔薇

少し前の話になるが、東工大の肉街道さんが准教授に昇進して、そのお祝い会に誘われて恵比寿へ。
旧 O 研の人たちがかなり集まって、にぎやかな会だった。
私の知り合いは一部だけだったけど、彼らに会うのは久しぶりなので、私自身も参加するのを楽しみにしていた。
総研大のT井さんが来れなかったのは残念だったけど、上海からY澤君が来ていて数年ぶりの再会。

カーネーション

久しぶりにTake-Cにも会った。
年に一回か二回、電話で話すことはあったが会うのはこちらも数年ぶり。
で、何とTake-Cの方はこの4月に教授に昇進していたとのこと。
30代で教授なんて、他分野を含めてもほとんどないと思うのに、
さいぞうさんに続いて身内で二人目。SUGEEEEEEEEEEEEEEEE !!

薔薇

私自身のことはというと、昨年出した論文のうち1本が、今年の魚類学会の論文賞に決まったとのこと。
今年の学会は発表ネタがイマイチ中途半端だったり、飽きを感じるテーマだったりで、
不参加にしようかとも思っていたが、論文賞の授賞式があるので行くことにした。

紫陽花

近々、天皇陛下にお会いする機会があるので、2年ぶりくらいにスーツを着る。
普段まったくスーツを着ることはなく、着る機会といえば陛下にお会いする時か、友人の結婚式くらいで、年に数回といったところ。
ちなみに沖縄にいた間は一度も着る機会がなかった。
たまに着ると気分的にもパリッとして背筋が伸びるな。

写真
D3 + Makro-Planar T* 2/100 ZF, Ai Micro Nikkor 200mm F4S
メトロポリスダディ(クッソ強そう)" dc:identifier="http://higedura.blog.fc2.com/blog-entry-238.html" dc:subject="研究" dc:description="前回の記事から一ヶ月経ってしまった‥‥。5月には沖縄に行ったり、山形に行ったり、一時帰宅があったりと、まぁいろいろ忙しかった。少し前の話になるが、東工大の肉街道さんが准教授に昇進して、そのお祝い会に誘われて恵比寿へ。旧 O 研の人たちがかなり集まって、にぎやかな会だった。私の知り合いは一部だけだったけど、彼らに会うのは久しぶりなので、私自身も参加するのを楽しみにしていた。総研大のT井さんが来れなかったの..." dc:creator="栗岩" dc:date="2015-06-15T01:06:24+09:00" /> -->

古い記事  | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。