たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2016-07-24       キンッキンに冷えてやがる・・・!!

シオカラトンボ ♀ Orthetrum albistylum speciosum

田んぼで捕まえて水槽に入れていたヤゴが羽化していた。
図鑑で調べてシオカラトンボだろうとは思っていたが、オスではなくメスだった。
いわゆるムギワラトンボだ。

シオカラトンボ ♀ Orthetrum albistylum speciosum

夜空は雲に覆われていたが、ちゃんと月齢に合わせて羽化したのには驚いた。
この後、外に逃がした。鳥に食われんなよ!

シオカラトンボ ♀ Orthetrum albistylum speciosum

マクロアポランターはツァイス・マクロプラナーを超える解像力を持ち、色収差もより良く抑えられている。
使用目的がマクロ撮影に限れば、民生用マクロレンズの中では最良のレンズだろう。
この写真も、拡大して見ると、複眼の一つ一つ、繊毛の一本一本がくっきりと解像している。
もちろん、マクロプラナーにはボケ具合などを含めてまた違った魅力がある。

シオカラトンボ(ヤゴ) Orthetrum albistylum speciosum

水槽に入れてしばらく経った頃。餌はピンセットから食べるし、動きもあるしで面白かった。
また来年、田んぼに捕りに行こう。

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

ヤゴが羽化する時用にと木の枝を入れたが、結局ヤゴは一度も登らず。
その代わり、カリフォルニアイモリは大のお気に入りらしく、よく登って木の枝の上で眠っている。
(水槽のガラス面が汚れていて見にくいのは失礼)
おっさんみたいやんけ…。

写真
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ ♀ Orthetrum albistylum speciosum
有尾目 イモリ科 カリフォルニアイモリ Taricha torosa
D3X + Makro Apo-Lanthar 125mm F2.5 SL, AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G
スポンサーサイト

        2016-05-07       小賢しいという字を辞書で引いてお前の名前そこに足しておいたぞレベル

ニホンアマガエル Hyla japonica

凛々しい。

夜の田園

ドライブがてら夜の田園へ。
ニホンアマガエルの大合唱の中、ちらほらとシュレーゲルアオガエル、たまにウシガエルの鳴き声も。
新月のため月明かりのない夜だったが、妻のiPhoneをライト代わりに借り、田んぼと横の用水路を見て回った。

ニホンアマガエル Hyla japonica

先日この用水路でカワムツやらモツゴやらドジョウやらを取り、持ち帰ってカリフォルニアイモリの水槽に入れてある。
この日はニホンアマガエルの若いオスを1個体持ち帰り、同様にイモリ水槽の中へ。

ニホンアマガエル Hyla japonica

私は飼育している生き物に特に名前は付けないが、妻が何か名前を付けたいと言う。
アマガエルだから「あまちゃん」はどうかと言われたので、あまと付けるならクソアマ(オスだけど)、そこからビッチ、
最終的にクソアマ・ビチ子はどうだろうと提案したら即、却下された。なぜだ。
ニホンアマガエル Hyla japonica

二日目の晩、部屋の中で「グワッ、グワッ」とバカでかい声で鳴き始めたので(繁殖期なので当たり前だが)、
近くの田んぼに逃がしてきた。
二日間、可愛い姿を楽しませてもらい、いい写真もたくさん撮らせてもらった。
ビチ子、元気でなー。鳥に食われんなよ!
ニホンアマガエル Hyla japonica

ゆっくりしていってね!

写真
無尾目 アマガエル科 ニホンアマガエル Hyla japonica
D3X + Macro APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL, Makro-Planar T* 2/100 ZF, AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

        2016-05-05       勇気を持って 自宅待機

オリーブパイソン Liasis olivaceus

TK大のTKM君のところに持って行く前に撮っておいた写真。
今は脱皮前とのこと。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

エサの冷凍マウス・ラット・ヒヨコ・ブタを送ったら、冷凍の鹿肉と桜海老が送られてきた。
ここ数日の晩メシは鹿肉三昧。
塩麹で漬けたら柔らかくなって美味しい。

ボールパイソン Python regius

某大学の研究室に持って行ったボール。
持って行く前に久しぶりにハンドリングして写真も一枚。
普段はオリーブやパプアン、ATBにしか気が行かないが、なんだかんだでボールもいいなと思った。終わり。

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus、ボールパイソン Python regius
D3X + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Makro-Planar T* 2/100 ZF

        2016-04-11       コニチワーガソリンクーダサーイ(キュラソ星人)

アマゾンツリーボア Amazon Tree Boa Corallus hortulanus

しばらくの間、無期限でヘビを手放すことになった。
妻の職業、義父の職業と役職など、あまりというかほとんど例のない理由だと思うが、
事情を聞いた友人たちは全員揃って「なるほどそれは仕方ないね…」と理解してくれたので、手放すのは然るべき結果と言える。
関東を出るか私が一戸建ての家を建てれば手放さなくても済んだが、ポスドクに一戸建てを立てる経済力などあるはずもなく。

さらっと書いているが、半年間、どうすればいいか話し合って模索した結果だ。
テンションがた落ちだったが、ここ一週間でようやく落ち着いたくらい。
ヘビは預け・譲渡含めてすべて一旦手放し、自宅には両生・爬虫類はカリフォルニアイモリのみとなる。

DSC_0897.jpg

先々週、某大学の飼育施設へ。
アマゾンツリーの赤い個体とレオパードフェイズは預け・他は譲渡という形。
ボール、アマゾンツリーのガーデンフェイズと黄色い個体は実験材料になる。
実験材料といっても個体を殺すわけではなく、繁殖させて卵や仔を取り、それを進化発生遺伝学的研究に役立ててもらう。

DSC_0899.jpg

24時間エアコンで温度管理、マウスやラットをエサ用に飼育してもいるし、
学生さんたちは楽しみも込みで飼育しているので、安心して任せられる。
万が一、預けにしている赤い個体とレオパードが死んでしまった場合は、それは残念だが仕方がないということだ。

DSC_0901.jpg

セッティングを終えて。
私が持って行った個体たちのほか、ボール、アオダイショウ、アカマタ、ジムグリなど十数個体のヘビもいた。

アマゾンツリーボア Amazon Tree Boa Corallus hortulanus

この赤い個体、かなりグレードの高い個体だと思う。
完全に手放して何年後かにまた同グレードの個体を手に入れようとしてもなかなか難しいだろう。

ちなみにレオパードフェイズは私の個体を含めて日本に4個体しか輸入されていない。

アマゾンツリーボア Amazon Tree Boa Corallus hortulanus

流通量の多いガーデンフェイズ、いわゆるノーマル個体とも呼ばれるものだが、
飼い込んで体重は1kgを超えるまでとなった。
この個体は譲渡するものだが、再びヘビを飼う時にはまた一から育て上げたいものだ。

パプアンパイソン&オリーブパイソン

パプアン(左)とオリーブ(右)は別の場所へ。
普段はどのヘビも触らないので、久しぶりのハンドリング。

パプアンは 3.6 m / 7.5 kg、オリーブは 2.7 m / 7.2 kg。
写真だとそれほど大きく見えないかもしれないが、実際は(特にパプアンは)かなり長い。

パプアンは長さを考えるともっと太ってもいいと思うが、オリーブは逆に太り過ぎ。
ここ一年ほど、オリーブをダイエットさせようとしてきたが、あまりうまくいっていない。
オリーブに関しては今後もエサのやり過ぎには注意する必要があるだろう。

パプアンパイソン Apodora papuana

あらためて思うが、パプアンもオリーブも良いヘビだ。

DSC_0964.jpg

先週末、TK大のTKM君のところへ、オリーブとパプアンを持って行った。
こちらは両方とも預けという形。
TKM君は今はボールしか飼っていないが、以前はいろいろ飼っていたので大丈夫だろう。

パプアンパイソン Apodora papuana

いつになるか分からないが、迎えに行くその日まで元気でな!

写真
有鱗目 ボア科 アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus, ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus, ニシキヘビ科 パプアンパイソン Apodora papuana
D3X + AF-S Nikkor 35mm F1.4G, AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Makro-Planar T* 2/100 ZF

        2016-03-06       私はいいと思う(白目)

オリーブパイソン Liasis olivaceus

入籍しました。

パプアンパイソン Apodora papuana

ひっさしぶりにヘビの写真撮ったなぁ…。

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus, パプアンパイソン Apodora papuana
D3X + Makro-Planar T* 2/100 ZF

        2016-02-06       ゼットン・キングジョー・ベムスター・バードン・ヒッポリト星人、この辺りだろ?タイラントとエースキラーは反則だと思うので省くよ

カリフォルニアイモリ Taricha torosa torosa

苔やイモリの記事が続くけど‥‥。

カリフォルニアイモリ Taricha torosa torosa

かたくなに水に入らないなコイツ。
配合飼料も拒否するが、ハニーワームはばくばく食べるのでまぁ良しというところ。

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

水替えついでに少しレイアウトも変更。
生体を落ち着かせるためにもレイアウトは一度決めたらできるだけ変えたくないが、
今回のはなかなかこれというものが思いつかない。

ジュズカケハゼ種群の一種 Gymnogobius sp.

陸飼いにせず水場を広げたのは魚も入れたかったから。
入れたのはメダカ・ホトケドジョウ・ジュズカケハゼ。
水質浄化とコケ取り用に淡水シジミとカワニナも入っている。
アユカケ、アカザ、オイカワあたりも飼いたいが、この水槽ではキャパも足りないし、
しっかりとした濾過も必要となるので今は無理だな。

ジュズカケが思いのほか可愛い。
魚たちはピンセットからエサを食べてくれる。

写真
有尾目 イモリ科 カリフォルニアイモリ Taricha torosa torosa
スズキ目 ハゼ科 ジュズカケハゼ種群の一種 Gymnogobius sp.
D3X + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2016-01-17       ハハハ、スゴいパンチだな(追記あり)

渓流・沢歩き

苔のついた石を探しに渓流へ。
標高300mほどのそれほど高くない場所だったが、沢沿いの山の中はこんもりと苔に覆われた石がゴロゴロしていた。
ガジュマル&苔水槽には、採集ものの苔だけでなくショップで購入した苔も使ったが、購入した苔と同じ種もここにはたくさんあったので、
最初からここに来てすべて採集ものにすれば良かったと思ったり思わなかったり…。

渓流・沢歩き

1時間ほど沢を登り、休憩後30分ほど再び登る。
あまり石はひっくり返さなかったので、見た生き物と言えば、タゴガエル、サワガニ、カワゲラ、ヤゴくらい。
サンショウウオの越冬幼生らしきものも見た。
(ちなみにこの山には種の保存法に指定されていて採集禁止のツクバハコネサンショウウオは生息せず)
暖冬で水温はまだそれほど下がっておらず、冷たいっちゃー冷たいけど手が凍るほどではなかった。

追記:
ツクバハコネサンショウウオの記載者であるY川君が今 科博にいるので聞いたところ、
つくば市周辺にはサンショウウオはこの種しかいないとのこと、つまり私が見たのはツクバハコネサンショウウオの越冬幼生だと。
確認されている同種の分布域から外れていたので、結果的に分布域が少し広がることになった。
個人的には同種については成体はすでに見たことがあったので、これで幼生と成体両方見たことになった。

渓流・沢歩き

三脚は車に積んでいったが、バケツやらタモ網も持っていたので沢には持って行かなかった。
今度は持って行ってちゃんとした写真を撮ろう…。

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

苔のついた石はカリフォルニアイモリの水槽用。
水場を増やしてメダカを入れたが、相変わらずイモリは陸場にいる。
水に入ってあたふたしているイモリには違和感を覚えるな(笑)。

数年前から盆栽に興味がわいてショップのページを見ているんだけど、常緑樹・落葉樹・花もの・実ものなど、さまざまな種が使われている。
いつか大きめの水槽を使って、盆栽と苔と石を使って、苔生した渓流水槽を作りたいと思っている。
んでそこにカリフォルニアイモリをぶち込む、と。

この個体がショップでうたわれていた通りカリフォルニアイモリなのか、それとも実はサメハダイモリなのかは、
そのうちきちんとした方法ではっきりさせる。

写真
D3X + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Distagon T* 2/35 ZF, Makro-Planar T* 2/100 ZF

        2015-12-31       メロス「ズッ友だょ」

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

カリフォルニアイモリ。いつか実物を見てみたいと思っていた種の一つ。
カリフォルニアイモリ Taricha torosa


カリフォルニアイモリ Taricha torosa


カリフォルニアイモリ Taricha torosa

ガジュマル&苔水槽には、しばらく生体は入れずにそのままで行くことにした。
それとは別に2つのプラケースを苔水槽としていて、そのうちの一つにカリフォルニアイモリを入れた。
他にもいいなと思うイモリはいるんだけど、高温に弱いらしいのでそちらはどうしようかなと、まだ手は出さずにいる。

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

来年もどうぞ

カリフォルニアイモリ Taricha torosa

よろしくお願いします。
良いお年を。

写真
有尾目 イモリ科 カリフォルニアイモリ Taricha torosa
D3X + Makro-Planar T* 2/100 ZF, Macro APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL

古い記事  | HOME |