たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2017-03 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2016-05-27       あどけなく子供以上、ダイナミックに大人未満

苔水槽

苔&ガジュマル水槽を立ち上げて5ヶ月、苔はすくすくと育っているが、外観はだいぶ様変わりした。
ガジュマルに引き続き、盆栽として売っている紫丁花(シチョウゲ)・ブナ・ヒノキを植え、神津島で拾った名前の知らない雑草も植えた。

紫丁花 & ブナ

紫丁花(上写真の左)は幹が面白い。葉も綺麗だし、いくつか花も咲いた。
蒸し蒸しとしたこの環境が合っているのか、この水槽内で最も元気かもしれない。
最初の頃は上写真の左のように葉も少なかったが、枝も葉もグングン伸びている。

ブナ(上写真の右)は植えた当初は芽の状態だったのが、今は葉を広げて伸びている。
6本植えて、4本が葉を付け、2本は駄目だった。

ケヤキ & ホソバオキナゴケ

ケヤキ(上写真の左)は植えた当初は冬だったので枯れ枝のみで、芽もなかった。
写真は芽がついてきたところ。一旦、葉をたくさん付けた後、葉が出ては落ちというのを繰り返していた。
あまり環境が合っていないのだろう。ただ、最近は少し落ち着いてきているのか、葉が落ちることが少なくなった。

もりもりと茂るホソバオキナゴケ(上写真の右)。
この水槽には他にもコウヤノマンネングサやハイゴケなど、数種類の苔が植えてあるが、どれも状態良く繁っている。

苔水槽

中央の池には水草が入っているのみで、生き物は入れずにいる。
が、苔に付いていたのだろう、数ミリほどのカタツムリの赤ちゃんがいつの間にか這っていたり、
右下の岩の上を中心に後から後からいろいろな種類の雑草が生えてきたりと、見ていて飽きない。
陸生で小型のイモリを入れてみたい気もあるが、まだこの状態で行こうと思っている。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, Makro-Planar T* 2/100 ZF
スポンサーサイト

        2015-12-27       「 This video has been deleted 」「 おぅふ ‥‥ 」

ガジュマル&コケ水槽

2年8ヶ月ぶりにコケの水槽をセットした。
ホームセンターで見て衝動買いしたガジュマルを主役にして、ガジュマル&コケ水槽といった感じに。
コケ水槽は以前にも作ったが(下記)、結局生体は入れないまま数ヶ月育てていたものの、コケがうまく育たずに撤去してしまった。
http://higedura.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
(別ウィンドウで表示)

今回は暖突をつけていないので以前ほどは乾燥しにくい環境であることと、強めのLEDで光量を十分に取っていること、
これら2点が前回とは異なる点だ。

ガジュマル&コケ水槽

ガジュマルのほか、お店で購入したホソバオキナゴケ・シノブゴケ・コウヤノマンネングサ(新芽のみ)、
野外で採集してきたハイゴケ・ギンゴケ・スナゴケ・ツボゴケ、の少なくとも計7種類の苔類が入っている。

「少なくとも」としたのは、苔に覆われた石も拾ったので入れてあるのだが、
そこには数種類のよく分からない苔がついているから。さらに数種類の地衣類もついている。

水槽の立ち上げ当初に思い描いていたのはもっとシンプルな構成だったが、
野外に苔を採集しに行ったらたくさんの種類があって楽しく、ついついいろいろ入れてしまった。
水槽のサイズが小さいのでかなり自制したんだけど。

ガジュマル&コケ水槽

半年くらい経てば枯れるものも出てくるだろうし、逆に良く育成するものもあるかもしれない(あってほしい)。
どう変わっていくか楽しみだ。
本当はミスティングシステムを導入したいところだが、とりあえずこのままで。

ガジュマル&コケ水槽

一応水場とシェルター部分もある。
生体は入れずにこのままで行くか、入れるとしたら何にするか、いろいろ考えたんだけど、結局‥‥(続く)

写真
D3X + Distagon T* 2/35 ZF

        2013-07-05       クンカクンカ

ヤマユリ

帰宅して部屋の電気をつけ、ソファに荷物を置き、部屋着に着替えるために寝室に入る。
寝室の電気のコードに触れる前に、ほのかに漂う甘い香りに気付く。
ああ、咲いたな。
誰に言うでもなくつぶやいた。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ヤマユリがついに開花した。まずは一つ。
つぼみの先端が開き、雌しべと雄しべが見えているものが数個ある。

昨年に比べると、つぼみの数は大幅に増えたものの、開いた花の大きさはまったく変わっていない(非常に小さい)。
う〜ん、何でだろうか。
茎は太くなり、草丈もかなり伸びたんだけどなぁ。

ヤマユリの学名を調べるついでに画像検索してみて、重大なことに気が付いた。

これ、ヤマユリじゃねぇ‥‥!!
カノコユリじゃねぇのか!?
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!??

いや待て、ヤマユリの紅筋じゃ‥‥ないよな、やっぱカノコだよな‥‥_| ̄|○
ヤマユリという名の球根を買ったのに‥‥
昨年咲いた花を確認しようと写真フォルダを探してみたところ、何と昨年はつぼみの状態で撮っただけだったぜ‥‥。
なんてこった‥‥。

-------------------------------------------------------------------------------------------

話は変わり、特定(危険)動物についてのパブリックコメントを環境省で募集中だ(7月12日締め切り)。
ヘビに関するところでは、アナコンダ・ボアコンストリクター・アメジストパイソン近縁種群についての3点。
私は既に1週間以上前にパブリックコメントを送ってある。

・アナコンダについてはオオアナコンダだけでなくキイロアナコンダも含めたアナコンダ属として属レベルで規制するべき
・ボアコンストリクターの特定リストからの削除は賛成
・アメジストとオーストラリアヤブを特定リストに入れ、ハルマヘラ・モルカン・タニンバーはリストには入れないことに賛成

とした。各人いろいろな意見があると思うが、言いたいことがある人はぜひパブリックコメントを送るべきだ。
with attitude じゃないとな。

-------------------------------------------------------------------------------------------

8月の終わりに引っ越すかもしれん。遠くに。
科博での仕事と東邦大での仕事をポイッとほっぽり出すわけにはいかないので、今いろいろと調整中。


写真
ユリ目ユリ科カノコユリ Lilium speciosum
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2013-06-16       5の段の失速感は異常

ヤマユリ

二年目のヤマユリ。
以前も書いたが、一番好きな花だ。

一昨年に球根を植え、昨年無事に芽を出し数個の小さな花を咲かせたヤマユリが、今年は何と20個ものつぼみを実らせている。
昨年は茎も細く、ベランダに出しておくと風で折れそうなくらい頼りなかったが、今年は見違えるほど太い茎になった。

ヤマユリ

まだつぼみは小さいが、日に日に大きく成長しているのが分かる。
今月末から7月初旬には20個のヤマユリの花が一斉に咲き乱れる‥‥これは楽しみだ。

ストレリチア・レギネ

もう一つ、ストレリチア・レギネが初めてつぼみをつけた。
花が咲くとゴクラクチョウ(極楽鳥)のように見えることからゴクラクチョウカ(極楽鳥花)という和名がついている。
こちらも楽しみだ。

写真
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G
ユリ目ユリ科ヤマユリ Lilium auratum
ショウガ目ゴクラクチョウカ科ゴクラクチョウカ Strelitzia reginae

        2013-04-07       毎日おすしですし

君子蘭

最近パキラの樹の葉が黄色くなり落葉しているのが多かったので、時期的にもいいだろうと、思い切って土の入れ替えをした。
鉢入りの観葉植物をお店で買うと、結構な量の発泡スチロールで底上げしてあるので、一度すべてを鉢から出した後、
発泡を取り除き、土も新しいものに変えた。
鉢の中を出すと、お店ではどんな土をどれくらいの割合でブレンドしているのかが分かって勉強になる。
と書いておいて写真はクンシランだけどね‥‥。

1年半前に都内から筑波の広く陽当たりの良い部屋に引っ越したので、いろいろと植物を育て始めた。
今では観葉植物も趣味の一つと言っていいくらいだと思う。

ざっと列挙すると、鉢植えがパキラ、タビビトノキ、ストレリチア、モンステラ、ヤマユリ、スカシユリ、ドラセナ、センネンボク、クンシラン、
プランターにチューリップ(7品種)、それからヘビのケージ内にオリヅルランとベアグラス。
まだまだ他にもいろいろと欲しいものはあるが、スペースの問題で購入を控えている。
特にモンステラが大きくなり過ぎて邪魔くさい(笑)。

実家は庭が広いので、野菜以外にも両親がいろいろと育てていた。
スイレンの一部は川崎に住んでいた頃からのもので、私が生まれる前からのものもある。
私が38歳だから、スイレンの一部は40年くらいあるいはそれ以上生きていることになる。
(今は一時帰宅する際にしか見れない。野良牛にプランターごと倒されて枯れかけていたが、その後何とか持ち直している。)
昔はそれらにほとんど興味はなかったが、今なら両親のこだわりが分かる(笑)。

クンシラン

以前の記事にも書いた、実家から救済してきたクンシラン。
丸一年ただの一滴も水を与えられない状態で生き延びてくれたもの。
これも長寿の植物で、20年以上育てているものだ。

昨年の夏にうっかり葉焼けさせてしまい、葉のあちこちが茶色くなって切り落とした部分もあるが、その後しっかり回復してくれた。
春になり、どんどん新しい葉が出てきていて頼もしい限り。

クンシランに限らずだが、春は新しい葉が出てきて成長が見て取れるので、花の咲くものの開花時期を除けば、
植物を育てていて一番面白い時期だと思う。

写真
ユリ目ヒガンバナ科ウケザキクンシラン Clivia miniata
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2012-10-19       バルブズ

チューリップ&スターファイター

砺波市にある富山県花卉球根農協から、4月に予約注文していた球根類が届いた。
チューリップ6品種×6球=36球根と、ユリの品種であるスターファイターを3球根。

私の一番好きな花はヤマユリだ。
昨年、ヤマユリ3球根とスカシユリ1球根を植えたところ、ヤマユリ1つが芽が出ずにダメになった他は無事に花を咲かせてくれた。
これらに加えて赤いユリも欲しいなと注文したのがスターファイター。

そして定番中の定番チューリップ。定番過ぎて見過ごしてしまう人もいるかもしれないが、スッキリとしたフォルムにきれいな花弁と葉。
桜とともに春の風物詩で、これもかなり好きな花の一つだ。数えきれないほどの品種があって選ぶのも楽しい。
咲いた時の様子を思い浮かべながら6品種を選んだ。

チューリップ&スターファイター

今週末はホームセンターに行ってプランターを買ってきて、チューリップの球根を植える予定。
それから現在別々の鉢に入っているヤマユリとスカシユリの球根を一つの鉢に植え替え、そこに今回のスターファイターの球根も植える予定。

また、一ヶ月ほど前にヘビのケージを置く棚をオーダー注文していたのだが、それが土曜日に届く予定になっている。
今週末は大忙しだ。

写真
D700 + Planar 50mm F1.4 ZF

        2012-07-13       つれづれに

キモクレン

先週から来週まで、鹿児島大の院生が二人来ている。
松沼君はDNA実験と解析のやり方を学びに、西山君は文献を調べに。
来週は渋川さんが来る予定。

ずっと品切れで買えなかったものがアマゾンに入荷しているのを見つけ、ソッコーで注文。
明日届く予定。

ヤンバルの写真はあと2回くらい紹介する予定。

写真
モクレン目モクレン科キモクレン Magnolia acuminata
D3 + AF-S NIKKOR 35mm F1.4G

        2012-06-20       紫陽花

セイヨウアジサイ01

職場の喫煙所のそばにアジサイが咲いている。
アジサイの花を見ながらの一服はなかなかのもの。

調べてみると、これらはセイヨウアジサイという品種で、日本原産のガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)を改良したものだそう。

アジサイはサンゴジュの垣根の中に植わっているので、サンゴジュに付くサンゴジュハムシや
オオミノガ(いわゆるミノムシ)などが遠征してきて、アジサイの花によくついている。
根元付近にはカナヘビもちらほらといる。

セイヨウアジサイ02

写真
バラ目アジサイ科アジサイ属 Hydrangea macrophylla var.
D3 + AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G(1枚目)
D3 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G(2枚目)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。