たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2012-07 « 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-07-06       ちょっと中断

富岡漁港と福島第二原発

これからいわき市へ向かい、東京から来る家族と合流。
明日は4回目の一時帰宅。

ヤンバルの写真紹介は週明けに再開予定です。

写真
福島県富岡漁港・奥に見えるのが福島第二原発(2011年12月4日)。
D3 + AF-S Nikkor 50mm F1.4G

スポンサーサイト

        2012-07-06       やんばる(1)

リュウキュウヤマガメ

南大東島から那覇に戻り、琉大の戸田研(旧・太田研)へ。
研究の話で盛り上がった後、戸田さんと院生の笹井君、
それから3月に今井研で学位を取って今は水研(水産海洋研究センター)にいる岩本君も合流し、飲みに行く。
(※ 戸田さんと笹井君はもちろん両生類爬虫類の研究者、岩本君は魚の研究者)
この日は琉大のゲストハウスに宿泊。

次の日は午前中は戸田研へ行って戸田さんと研究の話をいろいろとした後、午後は糸満にある水研へ。
岩本君の案内で水研を見学した後、夕方に再び戸田研へ行き、そこから戸田さんの案内で沖縄島北部へ車を走らせる。

ハナサキガエル01

目的地は琉大と京大グループが主にヒメハブの調査地にしている沢。
メシを食った後、仕事が終わってから駆けつけた岩本君も合流し、近くにあるヒメハブハウスで一休み。
ヒメハブハウスとは戸田さんや京大の森さんたちで借りているアパートで、ヤンバル調査の拠点になっているとのこと。
30分ほど仮眠を取った後、いよいよヤンバルの山の中へ。

ハナサキガエル02

今回初めてフィールドで両生爬虫類の写真を撮ったけど、難しいわ〜・・・
南大東でストロボのデフューザーをなくしてしまっていたので尚更厳しかった。
あんまりいい写真はないけど、数回に分けて紹介する予定。

写真
カメ目イシガメ科リュウキュウヤマガメ Geoemyda japonica
無尾目アカガエル科ハナサキガエル Odorrana narina
D3 + AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G

        2012-07-06       南大東島調査(2)

ダイトウコノハズク01

今回はあまり写真を撮らなかった。特に魚の写真は・・・。魚を捕りにいくのがメインだったのに(笑)。

これは南大東島で撮ったダイトウコノハズク。
野生のフクロウを初めて見たが、こんな可愛いとは・・・。

ダイトウコノハズク02

全然人を怖がらないんだね・・・。

写真(2枚とも)
フクロウ目フクロウ科ダイトウコノハズク Otus elegans interpositus
D3 + AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G

        2012-07-06       南大東島調査(1)

南大東島01

南大東島での魚類採集調査と、沖縄島での両生類・爬虫類ツアーから戻りました。
11日間、一滴の雨も降らず。天気、海況ともバッチリ。

予想通り、南大東島は陸も海も典型的な海洋島で、あまり沖縄という感じがしない。
シーサーはちらほら見たけど、何となく違和感を感じる。

南大東島02

漁港から見た海面。
島周りの砂地が真っ白なので、コバルトブルーがとてもきれい。

南大東島03

島の周囲は切り立った断崖で、地磯から海に入れるところはほとんどない。

南大東島04

南大東島の名物と言えば、クレーンでの吊り上げ&吊り下げ。
唯一漁船の出入りができる漁港では、毎日毎回、漁船をクレーンでつり上げて海におろし、クレーンでつり上げて陸に上がる。
奥にスロープはあるが、小型船の漁師はほとんど使っていないようだ。

島へフェリーで来た場合はこことは違う漁港を使用し、人はフェリーの甲板でカーゴに入り、そのカーゴをクレーンでつり上げて陸におろす。
こんな方法で人と物資を乗り降りさせているのは、もちろん日本でこの島だけ。

南大東島05

今回は5日間、漁船をチャーターして海に出て、魚を採集した。
採集方法はいつものことだが、素潜り&魚突き(銛突き)。
結果、5日間で50kgの魚を採集(上写真)。いつもに比べるとかなり少ない。

主目的のアカハタは18個体。第二の目的のトンプソンチョウチョウウオとユウゼンも何とか確保でき、
最低限の目標はクリアした。
めぼしい大物はほとんどないけど、しいて挙げるなら65cmくらいのオオアオノメアラと90cmくらいのオニカマスかな。

魚の処理が終わり次第、一部だけど標本写真を紹介する予定。

写真(5枚とも)
D3 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。