たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2012-07 « 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-07-10       やんばる(2)

ホルストガエル

閑話休題でヤンバルの続き。
今回見れた両生爬虫類は下記の通り。

<ヘビ>
リュウキュウアオヘビ
ハブ
ヒメハブ

<カメ>
リュウキュウヤマガメ

<カエル>
ホルストガエル
ナミエガエル
ハナサキガエル
リュウキュウアカガエル
リュウキュウカジカガエル
ヒメアマガエル(オタマジャクシのみ)

<その他>
クロイワトカゲモドキ
シリケンイモリ
イボイモリ(幼生のみ)

ホルストガエル

ホルストガエルは産卵直後およびふ化直前の卵塊も見れた。
超巨大な個体は見れなかったが、そこそこ大型の個体は見れたので満足。

ナミエガエル

意外だったのがナミエガエルかな。想像以上にカッコ良かった。
実物を見るまではホルスト>ナミエだったのが、不等号がひっくり返ったわ。

リュウキュウカジカガエル

リュウキュウカジカガエルも実物を見るまでは特に気にも留めていなかったが、黄色くて小さくてなかなか可愛い。
まぁ比較してしまうと本州に住むカジカガエルの方が好きだけど・・・。

写真
無尾目アカガエル科ホルストガエル Babina holsti
無尾目アカガエル科ナミエガエル Limnonectes namiye
無尾目アオガエル科リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica
D3 + AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G

スポンサーサイト

        2012-07-10       28年目

アカハライモリ

土曜日に一時帰宅した後、荷物を車に積んだまま世田谷の両親宅へ(家族は世田谷で避難生活をしている)。
今日は代休を取り、先ほど筑波へ戻った次第。

このアカハライモリ、小学生の時に近くの田んぼで捕まえて飼い始め、今年で何と28年目になる。
東日本大震災の次の日、3月12日に家族が避難し、7月下旬にあった一回目の一時帰宅までの約4ヶ月半を自宅に放置されたまま生き抜き、今は手元で元気に生きている。

当時、自宅にはイモリ3個体(2個体が飼育して28年目・1個体は10年くらい)、シリケンイモリ1個体(25年目)、クサガメ2個体(5年目くらい)がいたが、取りに戻りたくても戻れなかった。
私は東京に住んで数年後には車を手放してしまっており、家族も車を自宅に置いて町の用意したバスで避難したため、足がなかったのだ。
車を貸してくれると言ってくれた同級生や後輩もいたが、場所が場所だけに(つまり放射能の問題)、それらは気持ちだけ受け取るにとどめた。

7月下旬に行われた第一回の一時帰宅。
ひと家族2人のみ、国の用意したバスで2時間だけの滞在。持ち帰ることのできる荷物は70cm四方のビニールに入る分だけ。動植物は持ち出し禁止。
母親と妹が自宅に入った。

環境省、福島県庁、動物保護団体・・・あちこちに電話してイモリを持ち出してもらえないか問い合わせた。
しかし、どこも犬と猫だけで手一杯で、無理だとの回答。

だから母と妹に、内緒でイモリを持ち帰ってもらった。空のペットボトルに入れ、他の荷物に紛れさせて(もちろんスクリーニングは受けている)。
クサガメは庭に逃がしてもらったが、イモリは諦めきれなかった。

だって28年だぜ?

ただ、4ヶ月半もの間、飲まず食わずで生き延びたのに、東京に持ち帰った後しばらくしてすぐにバタバタと死んでしまった。
生き残ったのはイモリ1個体のみ。
おそらく水道水をそのまま使ったのがいけなかったのだと思う。東京の水は消毒が強いからだ。
汲み置きの水を使うようにして、生き残った1個体のイモリは今日も元気に乾燥アカムシをパクついている。

クンシラン

こちらは今回の一時帰宅で持ち帰ったクンシラン。
前回(3回目)の一時帰宅は震災後一周年の前日、2012年3月10日。自宅の中の植物はカラカラにひからびていると思っていたが、
よく見るとクンシランが二つ、生き延びていた。一年間、水がまったくもらえない状態でよくぞ・・・。

持ち帰る荷物がいっぱいで車に積めなかったので、たっぷりと水をやってもう少し辛抱してもらった。
そして今回、写真左の鉢の方(花を咲かせた方)を持ち帰ることにした。

今、このクンシランは私の部屋に置いてある。
鉢から出して土と余計な根を落とし、ビニールに包んだ状態で持ち帰ったので、明日、新しい鉢に植え替える予定。

君子蘭

勝手口から自宅に入り、クンシランの様子を見に行った時、暗い玄関の中で鮮やかなオレンジの花が咲いている光景が目に入った時、思わずグッとこみ上げるものがあった。

イモリも、クンシランも、動植物の持ち出しは禁止なんだぞ!
そう、言いたい奴がいれば、何とでも、いくらでも言えばいい。何なら直接俺んとこ来てもいいぞ。

誰であろうが俺は言い返してやる。

「それがどうした。そんなこと知っとるわバカ野郎」


写真
有尾目イモリ科アカハライモリ Cynops pyrrhogaster
ユリ目ヒガンバナ科ウケザキクンシラン Clivia miniata
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(イモリ)、AF-S Nikkor 35mm F1.4G(クンシラン)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。