たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

12 « 2014-01 « 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2014-01-30       ラオウ「ハッピーバースデーうーぬー」

セントラルパイソン Morelia bredli

ケージのガラス越しの写真なのでちょっとイマイチかも。

ウチのセントラルは、購入時から鼻息が荒く、口をモゴモゴさせていたり(ヨダレも多い)、時折鼻水も出ていて、
呼吸器系の疾患を持っているので?と疑っている。
モレリア専門店から購入したんだけど‥‥。

ウチに来て1年ちょっと、その間は特に問題なく成長してきたが、少し前から鼻水の量が増え、くしゃみもたびたびするようになった。
くしゃみと言っていいのか分からないけど、鼻孔から「フンッ」と鼻水を吹き出すような感じ。
図体がデカイだけに(現在2.5mほど)その音も大きく、部屋の中で結構響く。

セントラルパイソン Morelia bredli

1週間ほど前、朝起きてケージを見てみると、床に敷いた新聞紙に血が付いていた。血痰のような感じ。
あくびをした際に口の中を見ると、口の中は泡だらけになっていた。

私も泡を食ってしまい、少し低めにしていた夜間の温度を上げ、湿度も気を使って上げるようにしたところ、くしゃみがなくなり、口の中の泡も消えた。
低温・湿度によって元々持っていた呼吸器系の疾患がひどくなったのか、風邪をひいたか。

セントラルパイソン Morelia bredli

タイムリーなことに、たまに行くショップのブログで爬虫類を診てくれる動物病院のことをいろいろ書いていたので、紹介してもらって今度連れて行くつもり。
と思っていたら脱皮の準備に入って黒ずんできた。病院は脱皮が終わったらだな。

セントラルパイソン Morelia bredli

黒ずんだ姿もゴツさが増してカッコイイ。

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 セントラルパイソン Morelia bredli
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

        2014-01-21       らしくなる

オリーブパイソン Liasis olivaceus

赤いアマゾンツリーボアは飼育している個体の中でも特にお気に入りだが、種として一番好きなのはオリーブパイソンだったりする。
これはヘビ全種の中で一番好きという意味。
パプアンもボアコンもとても魅力的で惹かれるけど、好きなヘビ一種だけ挙げろと言われたら即答でオリーブ。
むしろ食い気味で答えるレベル。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

まだビクつき気味だけど飛んでくることも一切なくなり、相変わらず食は細いものの何とか年末には体重1kgを超えてくれた2代目。

ところが年が明けたら何のスイッチが入ったのか、いきなり爆食モードになり、以前は見向きもしなかったヒヨコにも食らいつくようになった。
2〜3週間に一度の給餌だったのが、週イチでは足りず、2週間で三回のペースに。
体も一気に大きくなってきた。

ここまで来るのにホント手がかかったが、ようやくオリーブらしくなってきた。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

あー、ベーレン欲っしい〜

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2014-01-13       酢豚「添えちゃいけないパイン、考えろよ」

ペレンティーモニター Varanus giganteus

せっかくの3連休だったが、またもや風邪をぶり返してしまい、どこへも出かけず。
微熱程度だったが咳と鼻水がそれなりに出て、体がだるい。

沖縄に来て3ヶ月半になるが、これで風邪引くのは3回目。
今までほとんど風邪なんて引かなかったんだけど、何か調子悪いんかな‥‥。

写真
有鱗目 オオトカゲ科 ペレンティーモニター Varanus giganteus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(パース動物園@2009年6月)

        2014-01-10       ATBs

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

体重が1kgに到達したガーデンフェイズに対し、こちらの赤い個体は800gを超えたところ。
頭の大きさを比べるとほとんど同じなんだけど、体の太さと長さは一回りくらい小さい。

しっかしまぁ相変わらず男前だねぇ。
たまらん。

ウチにいる3個体にとどまらず、ネットで検索して出てくる画像を見ていると、
どれも個体ごとに顔つきが微妙に、本当にものすごーく微妙に違っている。
でもそのごくごく微妙な違いが、見た目の印象に大きく影響する。
この赤い個体、超人で言えば悪魔将軍レベルやで‥‥。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

成長につれ黒斑が少し入ったりしたけど、相変わらずかっこいい赤。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

黄色い個体はちょうどその半分の400gほど。
他の2個体と比べて成長が遅く、最近になってやっと大きくなってきたなと実感できるようになった。
顔つきは‥‥ミスターカーメンくらいかね‥‥。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

なんかどんどん小汚くなっている。
黒斑は黒というより墨っぽくぼやけた感じで広がり、黄色い部分には濃いオレンジ色が広がってきた。

写真
有鱗目 ボア科 アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2014-01-04       \(^o^)/

沖縄の風景

明けましておめでとうございます。
沖縄に戻ってきました。東京って寒いなぁと感じるのが新鮮だった正月でした。

神奈川の川崎市で生まれ9歳まで過ごし、福島に引っ越して9年、その後仙台に1年、札幌に1年、山形に7年、東京に9年半、筑波に2年。
関東より西に住んだことがなかったのが、いきなり沖縄だったもんだからね。
まぁ快適な沖縄生活を今年も楽しみたいと思います。

写真
D700 + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

 | HOME |