たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

11 « 2014-12 « 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2014-12-28       職場俺「寝みぃ、今日は絶対早く寝るぞ」 --> 自宅俺「うっひょおおお」

オリーブパイソン Liasis olivaceus

2014年最後の記事はオリーブパイソンの写真で。
ISO感度を上げてパパッと撮ったものなので、ノイズがあったり微妙にピンズレしてるけど、まぁそこはスルーで‥‥。

今年を総括すると、研究の方は(自分で言うのもアレだけど)随分と頑張ったと思う。
でも来年は今年以上に頑張りたい。
あと少しのデータで論文にできるものがいくつもあるので、それらを一つでも多く投稿まで持って行きたい。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

魚突きの方は、行った回数はかなり少なくなってしまったけど、下甑島の新たな開拓ポイントと、鷹島でクエが突けたので内容はまぁまぁ充実していた。
西表島を堪能できたのも満足。

ただ、昨年の9月末に沖縄に来てから1年ちょっとの間で、沖縄本島では5回しか潜っていない。
沖縄本島はもっといろいろ回って潜ってみたかったけど、普段はなかなか時間が取れないので仕方がないかな。

回数を増やすのはなかなか厳しいかもしれないが、来年は魚突きに関して一つの区切りの年でもあるので、ちょっと気合いを入れていきたい。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

オリーブを新しいケージに移した当初は、防水塗料の臭いがまだ結構残っていたためか、実は嫌がっているようにも見え、頻繁にケージから出ようとしていた。
だが、今はもう臭いもなくなり、岩の上で丸まってマッタリしたり、体を伸ばしてグデッとしたり、水入れに入ったりとのびのび暮らしている。

長さの割りには細長い体型なので、とぐろを巻くと結構小さくなり、その分小さめのケージでも飼育できるかと思わせるが、
実はかなり活発に動き回るため、オリーブは大きめのケージを用意しないと飼育しきれないんじゃないかと思う。
イリエワニ Crocodylus porosus

先日、今書いている論文のReferenceに必要な論文をダウンロードした際、
当該の論文の最後の部分と、次の論文の最初の部分が同じページに掲載されていたのだが、
その「次の論文」の図表にコーンスネークとクロコダイルの頭部の写真が載っていて、おっと思って読んでみたら結構面白かった。

Milinkovitch et al. 2013.
Crocodile head scales are not developmental units but emerge from physical cracking.
Science 339, 78-81.

簡単に説明すると、爬虫類の鱗は、遺伝的にコントロールされた発生生物学的なユニットとして形成され(develop from primordia in the embryo)、
その位置パターンの決定はチューリングの反応拡散モデルで説明できるものであるが、
クロコダイルの頭部の鱗については、表皮が物理的にひび割れて形成されること(emerge from physical cracking)を証明した、という内容。

図1では、コーンスネークの頭部を3D化して左右の鱗を重ね合わせると、ほぼぴったりと重なり合うのに対し、
クロコダイルの場合はバラバラで、さらに同種の別個体と合わせてもバラバラになり、
クロコダイルの頭部の鱗の形成パターンは、種特異的なパターンでもなく、個体ごとにランダムに形成されることが示されている。

続いてコーンスネークとクロコダイルの胎児に in situ hybridization を行い、コーンスネークでは頭部も体も鱗は胚由来のユニットとして形成されていくのに対し、
クロコダイルでは体の鱗は同様に形成されているものの、頭部の鱗はまだ形成されておらず、
代わりにDPR(dome pressure receptor:物理的な物質、温度、化学物質などを知覚・受容するための感覚器官)が形成されていることが示されている。
つまり、胚で体の鱗が形成されている段階では、頭部ではDPRが形成されているに過ぎず、
その次の段階で物理的なクラッキングによって(頭部の)鱗が形成されるということだ。

ただし、この物理的な自己組織化メカニズムである「クラッキングによる頭部の鱗の形成」は、
一見、遺伝的にコントロールされたものではないと取られがちだが、実はそうではなく、
発生段階の決定やDPRの形成時期など、物理的なパラメーターと遺伝的にコントロールされたパラメーターの相互作用によるものではないだろうかと述べている。

ヘビやトカゲでは頭部の鱗も体の鱗と同様な発生プロセスを経るのに対し、なぜクロコダイルでは頭部の鱗だけ異なるプロセスなのかはほとんど触れられていないが、
ワニ目に特異的なDPRの形成を前段階としてクラッキングが起こることが大きな鍵となるようだ。

パプアンパイソン Apodora papuana

ところで、ヘビの頭部の鱗と言えば、パプアンパイソンの頭部の鱗、特に上唇板なんかはクラッキングっぽいのがあるんだけど、これってどうなんだろうか?
例えば上の写真(以前にもアップしたもの)では、特に目の下前方の鱗を見ると、一つの大きな鱗が形成された後、
その中間部分で上下からアポトーシスが起こって三つの鱗に分化している途中みたいにも見える。
他個体のパプアンでは頭頂部の鱗にも同様のパターンが見受けられ、つまり個体ごとに異なるようで、このパターンで個体識別できるなと常々思っていたくらい。
ヘビの頭部の鱗の形成と位置パターンの決定、それら自体は遺伝的にコントロールされた発生生物学的なユニットなのは間違いないけど(上記論文によると)、
パプアンの場合は、形成後に個体ごとにランダムにクラックが入るのかな。まぁ分からんけど。

とまぁ、これで2014年のブログは最後の更新となります。
明日から東京へ帰省。
それでは良いお年を。

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus
ワニ目 クロコダイル科 イリエワニ Crocodylus porosus (2009年5月パース動物園)
有鱗目 ニシキヘビ科 パプアンパイソン Apodora papuana
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G
スポンサーサイト
自宅俺「うっひょおおお」" dc:identifier="http://higedura.blog.fc2.com/blog-entry-222.html" dc:subject="両生類・爬虫類" dc:description="2014年最後の記事はオリーブパイソンの写真で。ISO感度を上げてパパッと撮ったものなので、ノイズがあったり微妙にピンズレしてるけど、まぁそこはスルーで‥‥。今年を総括すると、研究の方は(自分で言うのもアレだけど)随分と頑張ったと思う。でも来年は今年以上に頑張りたい。あと少しのデータで論文にできるものがいくつもあるので、それらを一つでも多く投稿まで持って行きたい。魚突きの方は、行った回数はかなり少なくなっ..." dc:creator="栗岩" dc:date="2014-12-28T21:16:46+09:00" /> -->

        2014-12-20       aiko「お前もカブトムシにしてやろうか」

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (yellow)

前回アマゾンツリーボア(赤)の写真を撮ったので、久しぶりに残りの2個体もケージから出して撮ってみた。
(普段ハンドリングするのはオリーブパイソンくらいで、基本的に他は月末の体重測定の時のみ。)

購入当初は結構綺麗な黄色だったが、脱皮を繰り返すごとに黒い染み状の模様が広がり、
どんどん小汚くなっていた黄色い個体、そろそろ色変わりも落ち着いてきたっぽい。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (yellow)

アマゾンツリー3個体それぞれ個性がある(まぁ当然だけど)。

赤(♂):樹上と底面半々、大人しさは中間、一番餌食いが悪い、ヒヨコのみ
ガーデンフェイズ(♂):ほぼ底面にいる、一番気性が荒い、餌食いはまぁまぁ、ヒヨコかラット
黄(♀):ほぼ樹上にいる、一番大人しいが一番餌食いが良い、ラット大好きでたまにマウス

といった感じ。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (yellow)

体重はガーデンフェイズが1.1kg、赤が約800g。
黄はもうすぐ700gに到達しそうで、一番餌食いが良く、いまだに食いも止まっていないので、この冬の間に赤を追い抜くか。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (garden phase)

ガーデンフェイズは、ウチにいるヘビで唯一 素手で触れない個体。
むっちゃ荒くて怖いから。飛んでくる時の飛距離も長くなってきたし。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (garden phase)

アマゾンツリーボアは細長い体型をしてるけど、それでもこの大きさになれば、胴はそれなりの太さになる。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (garden phase)

最近少し大きめのケージに移したところ、やはり動きが出て見ていて面白い。
長さの割に小さいケージで飼育できるところがヘビの良いところの一つだが、できるだけ大きいケージで飼う方がいいのは明らか。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus (garden phase)

写真
有鱗目 ボア科 アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

        2014-12-06       細胞をカタカナにするとサイボーグ感がハンパない

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

先週末の高知大でのシンポジウム講演も無事に終了。

それはまぁいいとして、何と言っても高知は魚が美味かった。
特に二日目の夜に、高知大の遠藤先生に連れて行ってもらったお店は絶品づくし。
高知と言えばカツオだが、普通のタタキはもちろん、初めて食べた塩タタキは感激するほど美味かった。

高知と同様に「八丈の樽ガツオ」として有名な八丈島でも飽きるほど食べていて(飽きないけど)、
八丈のカツオがあれば高知のカツオなんていらないと勝手に思っていたのが、それは間違いだったと気付かされた。

カツオ自体は高知も八丈も最高のものだと思うけど、高知では調理の仕方も薬味の種類も食べ方もバリエーションが豊富で、
カツオ文化が成熟している印象を受けた。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

それから焼き鯖寿司、これは満腹になりかけた頃に出てきたのであまり量を食べられなかったのが悔やまれたほど。

さらにメヒカリの俗称で名が通っているアオメエソ。
御畳瀬で底引き網をやっているため高知県ではよく食べられている。
私が今まで食べていたのは近縁種のマルアオメエソだったらしく、今回初めて食べ比べてみたが、
なるほど、アオメエソの方が身が締まっていてうま味も高い。
市場では両種はどちらもメヒカリで流通しているそうだが、さすがにお高いお店ともなればその辺りはしっかり区別している。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

高知にいる二泊三日の間に、何度「いやぁ、コレ美味いなぁ〜」という言葉が出たことか‥‥。

アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus

高知いいとこ一度はおいで、ってな。

なお、写真と本文は一切関係がありません(笑)。

写真
有鱗目 ボア科 アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

 | HOME |