たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

04 « 2015-05 « 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2015-05-09       すまぬで済んだら丸太は要らねぇんだよ

火山列島(北硫黄島・硫黄島・南硫黄島)

小笠原水産センターでお世話になっている人から連絡があり、北硫黄島で捕れたアカハタが3個体届いた。
もちろん研究用資料としてだ。

伊豆–小笠原弧上の島嶼群は、北から順に伊豆諸島・豆南諸島・小笠原群島・火山列島となる。
伊豆諸島はまだいくつか「行ってみたいが行っていない」無人島・群礁があるが、
べヨネース列岩・須美寿島・鳥島・孀婦岩からなる豆南諸島には2回行ってすべて潜り、
聟島列島・父島列島・母島列島からなる小笠原群島は、母島回りがまだ一部潜っていない場所があるものの、聟島回りと父島回りはほぼすべて潜った。

そしてさらにその南にある火山列島は、北硫黄島・硫黄島・南硫黄島からなる。
硫黄島は言うまでもなく太平洋戦争の激戦地で、映画「硫黄島からの手紙」の舞台にもなり、現在は自衛隊の基地がある。
北硫黄島と南硫黄島は絶海の無人島で、3島すべて許可無しで渡航することはできない。
この海域への渡航は、すでに何年も前からツテがあり、豆南諸島調査で申請の実績もあるので、研究費と時間さえ得られれば行くことができるだろう。
具体的に「いつ」とは言えないが、将来行きたい場所の一つだ。

アカハタ・北硫黄島産 Epinephelus fasciatus

北硫黄島産のアカハタ。
日本周辺海域を中心に、西部太平洋のあちこちから研究材料として1,000個体以上のアカハタを確保した私は、
見た目だけでおよそどの辺りから捕れたアカハタか当てることができる。
もちろん外れることもあるが、少なくとも小笠原か、本州〜九州か、沖縄〜東南アジアか、この3海域は結構な確率で当てられるかな。

小笠原のアカハタはオレンジ色から黄色みが強く、体側の白班も強め。
深い場所から捕れるとより鮮やかな傾向があるが、北硫黄島で捕れたアカハタは非常に黄色みが強い。
上の写真は尾鰭の軟条が識別できるようにやや暗めにしてあり、実際はもっと明るい黄色だ。
(右と下の個体で眼球が大きく張り出しているのは、深場から捕れたため)

写真
スズキ目 ハタ科 アカハタ Epinephelus fasciatus
D700 + Makro-Planar T* 2/100 ZF
スポンサーサイト

        2015-05-07       May D.L rest in peace

May Dev Large R.I.P.

5月5日、日本のHIP-HOP界に大きな影響を与え、貢献してきた、
ブッダ・ブランドのメインMC、Dev Large (デヴ・ラージ) が急逝した。

ちょうどその前日に、車の中で「ブッダいいよねー」「日本のHIP-HOPで一番好きだわー」と話していて、久しぶりにカーステで聴いていたところだった。
私ごときライト層のファンが言うのも失礼かもしれないが、D.Lが虫の知らせでも送ってくれたのだろうか。

とにかく好きだった。声も、音も、アートワークもすべて。
名曲"人間発電所"のインストのラスト、すごい綺麗なメロディーの元ネタを調べたら日本の古いフォークで(小椋佳 "糸杉のある風景")、
元ネタごとiPodに入れて、人間発電所ともども車で聴いてる。

最初にブッダを聴いたのは1996年の「黒船」だった。
特に "人間発電所"、"ILLSON"、"Radio Freestyle Studio Live '96?" の3曲にはヤラレた。

最後にリリースしたラップ入りの曲は、2007年に ILLMATIC buddha m.c.'s名義で出した "TOP OF TOKYO" かな。この曲も最高。
もう "異端のリターン" は無いかと思うと非常にさみしい。
もっともっと聴きたかった。

97年にビギー(the notorious B.I.G.)が凶弾に倒れた時と同じくらいの喪失感を感じる。
ただ、ビギーの時には泣きそうにはならなかったけど、Dev Largeの訃報を聞き、ブッダ関連の音源を聴き直していると、涙が出そうになる。

May Dev Large R.I.P.

シングルで一番好きだったのは、2006年にD.L名義で出した "盲目時代" 。
Harold Melvin & The Blue Notes "You Know How to Make Me Feel So Good" (1975) をサンプリングした曲。
この曲に限らず、Dev Large(orブッダ)の曲はインストで聴き流してもものすごいカッコ良くて気持ち良い。

May Dev Large R.I.P.

D.Lのソロアルバムはあまりにカッコ良くて、アナログ・インスト盤アナログ・CDと揃えた。
アナログ盤はCDとは曲順が異なっていて、side-Cの "Life Check"から"盲目時代"への流れが最高。
(上写真はインスト盤なのでまた曲順が違う)

心よりご冥福をお祈りします。

写真
D700 + Distagon T* 2/35 ZF

アナログ
大神 "大怪我" (1996 AVEX)
Buddha Brand "Remix (Kruch groove 4)" (1997 76Records)
ILLMATIC BUDDHA M.C.'s "ブッダの休日" (1997 76Records)
ILLMATIC BUDDHA M.C.'s「病める無限のブッダの世界」(2000 76Records)
ILLMATIC Buddha M.C.'s「病める無限のブッダの世界 Inst Album」(2003 76Records)
Dev Large「The Eyeinhitae」(2005 Libyus Music)
D.L "盲目時代" (2006 Ki/oon Records)
D.L「The Album (Admonitions)」(2006 Ki/oon Records)
D.L「The Album (Admonitions) Instrumental」(2007 Ki/oon Records)
ILLMATIC buddha m.c.'s "TOP OF TOKYO" (2007 Ki/oon Records)

CD
Buddha Brand「人間発電所」(1996 Cutting Edge)
Buddha Brand「黒船」(1996 Cutting Edge)
Buddha Brand「Don't Test Da Master」(2000 AVEX)
D.L「The Album (Admonitions)」(2006 Ki/oon Records)

写真には含めなかったが客演もの(アナログ)
Lamp Eye "証言" (1995 えんとつRecording)(赤ラベル)
Twigy "聖戦 Part II" (1996 Mercury Music)
Muro "XXX-Large Pt.2" (1997 Spellbound Records)

        2015-05-05       ゲェェェッー!!オーバーボディ!

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

アマゾンツリーボアのブラックレオパード、順調に育っている。
休んでいる時などは、特に体側から腹側にかけてはブルーグレーになることが多く、
インランドカーペットパイソンのような体色で、渋くてカッコイイ。

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

動いて血行が良くなるとブラウンが広がる。ただ、腹側だけは常にブルーグレー。

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

体色変化の変遷。
左上はドイツのブリーダー宅にいた頃。フルブラックだがよく見るとうっすらとレオパード模様が見える。眼球はゴールド。
左下は日本に輸入された直後。地色の黒が薄れ、ブラウンがかってきている。眼球は黒が広がっている。
右が現在の様子。全身ブルーグレーになっている。

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

部屋の中で観葉植物に登らせてみた。

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

アマゾンツリーボア・ブラックレオパード Corallus hortulanus hortulanus (possible Leopard Phase)

全長約70cm、体重は50gほど。KAWAEEEEEEEE !!

写真
有鱗目 ボア科 アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Ai Micro Nikkor 200mm F4S

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。