たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2016-06 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2016-06-22       みんな!丸太は持ったな!!行くぞォ!!(アメリカ旅行記-3)

Arizona

前回・前々回に書き忘れたことを少し。

グランドキャニオンではフェンスがあるのはごく一部で、ほとんど切り立った崖がそのままでそこから風景を見る形だった。
ホースシューベンドなどは一切フェンスがない。
実際、グランドキャニオンでは花が添えられている場所もあったし、今まで何人も落ちて死んでいるとのこと。
落ちて死んでもすべて「自己責任」の一言で済ませるというのはお国柄か。
日本では考えられないが、フェンスのような人工物があると一気に景観が台無しになるし、その方がいいのではないかと思った。

セドナで泊まっていた宿では、たくさんの鳥が餌箱に来ていて毎朝楽しませてもらった。
ハチドリも数種類いた。野生のハチドリを見るのは初めて。
でも鳥の写真はほとんど撮らなかったのが悔やまれる。

セドナではガラガラヘビとツノトカゲを探したが結局見つからなかった。
ただ、逃げられてしまったがクビワトカゲは見つけたで!
あとはウサギやリスがすぐその辺にいるのが楽しかった。

Arizona

セドナ滞在中のある日、妻が宿の人や同泊の人たちとアロマオイルのショップやワイナリーに行くというので、
私は一人、オーククリークの渓流に水遊びトレイルへ。
後で聞いたところ、実は妻は30分ほどで切り上げて、宿の人たちと別れて私と一緒にどこかへ行きたかったらしいのだが、
私としてはヤッタこれはチャンスと、「ゆっくりしておいで、俺は川に行ってるから」とプラッと出て行ってしまった。すまぬ‥‥。

渓流で魚やザリガニと戯れ、薮でトカゲを追いかけ、池でふくらはぎまで泥に浸かってオタマジャクシをすくい、
「やっぱオタマジャクシじゃ日本のカエルと区別付かねーし、何の種類か分かんねーな」と呟いていた時、私はふと思ったのだ。

「ついつい忘れがちになるけど、新婚旅行なんだよな。」
「俺は一体何をやっているんだ‥‥。今すぐ妻のもとへ行くべきなんじゃないか!?」

ただ、だからといって私が今すぐ準備をしてアロマオイルのショップに行くのと、
妻たちが買い物を終えて私のいるトレイルヘッドに来るのは同じ時間になりそうだし、
まぁこのまま待つのが一番だなと、再び手のひらにすくったオタマジャクシに目を移したのであった。

Arizona

帰国して数日後、科博のエレベーター内で地学研究部の矢部さんと会った際のやり取り。

「おっ、何か久しぶりですね。どこか行ってました?」
「新婚旅行でアメリカに行ってました。グランドキャニオンとか。」
「おおっ!化石を撮りに?」
「いえ(笑)、生き物を見に。」

グランドキャニオンと聞いての第一声が「化石を撮りに?」というところがさすが(笑)。

Grand Canyon

グランドキャニオンのビジターセンターに行った際に、ナショナルジオグラフィックのパークプロファイルを購入したのだが、
帰国後、写真を整理していて驚いた。

上の左写真は私が撮ったもので、一切トリミングしていない。
右のナショナルジオグラフィックの表紙と比べてみてほしい。
同じ場所・同じ構図で、(朝陽の当たり方から推察するに)同じ季節・同じ時刻で撮っていたのだ(ちなみに朝4時半過ぎ)。
広角レンズで全体像を撮ったものや、何か特徴的な岩があってそれを撮ったものというなら分かるが、
ポイントとしては有名だが特に特徴的な構造物があるわけでもない、だだっ広い風景。
その一角を100ミリの中望遠レンズで撮ったものだからね。

今回の旅行の手配は妻に丸投げ状態だったので下調べもしていないし、なるべく予備知識を入れないよう現地の写真もほとんど見ていなかった。
パークプロファイルを購入したのも写真を撮った後。
一致に気付いたのは帰国してしばらくしてから。
天下のナショジオの表紙だぜ?

いやー、俺ってやるなぁ‥‥。

終わり。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, Makro-Planar T* 2/100 ZF
スポンサーサイト

        2016-06-20       忍耐をする変態(アメリカ旅行記-2)

アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon
前回の続き。
アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon(1)

アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(アッパー)(2)

アンテロープキャニオン(アッパー)・入り口(左)と出口(右)
アッパーの入口(左)と出口(右)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon(1)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(2)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(3)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(4)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(5)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(6)

アンテロープキャニオン(ロウアー)・入口(左)と出口(右)
ロウアーの入口(左)と出口(右)

アンテロープはアッパーとロウアー両方行った。
アッパーは、広く・暗く・人気が高く、観光客が多い。
ロウアーは、狭く・明るく・人気が低く、観光客が少ないが、圧倒的にアッパーより面白かった。
D3Xは高感度に強くないのでアッパーは撮りにくかったな。
どちらかしか行けないのであれば、絶対にロウアーをお勧めする。

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド Horseshoe Bend(1)

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド(2)

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド(3)

ホースシューベンドは実はあまり期待していなかったが、実際に見たらそのスケールの大きさ・迫力に圧倒された。
そこにあるものは写真の通りなんだけど、写真で見るのと実物を見るのではこんなに違うのかと驚いた。

フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon
フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon(1)

フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon
フェイキャニオンの星空(2)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon(1)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空(2)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空(3)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ Airport Mesa(1)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ(2)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ(3)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク Oak Creek(1)
前回の記事に載せたところは別の場所。
アメリカザリガニの幼体がいて、ああ本来の場所にいる姿がこれか、と思ったが、所詮アメリカザリガニ。特に感動はせず。
でも魚もチラホラ見え、岸沿いの薮にはトカゲ(Aspidoscelis uniparens)が無数に走り回り、水も空気も綺麗でいいところだった。

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク(2)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク(3)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック Cathedral Rock(1)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(2)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(3)

今回の旅行中、初めての曇り空。
だが、何とか夕陽を見ることができた。

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(4)

私たちがカテドラルロックの頂上で夕陽を見ている頃、遠くベルロックの向こうで雷鳴が轟き、稲妻が光り始めた。
あれよあれよという間に暗くなり、雷雲が近づいてくる。
私たちが山を下りる頃には真っ暗となり、車に乗って数分も経たないうちに稲妻が光りまくり、辺り一帯は暴風雨に。
快晴のセドナも良いが、最後に見た荒れ狂う嵐のセドナも素晴らしかった。

あと一回続く。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, Distagon T* 2/35 ZF, Makro-Planar T* 2/100 ZF

        2016-06-18       うずくまる虎は隠れいいケツ(アメリカ旅行記-1)

グランドキャニオン Yavapai viewpoint of the Grand Canyon
グランドキャニオン Yavapai point of the Grand Canyon

グランドキャニオン Yaki viewpoint of the Grand Canyon
Yaki point (1)

グランドキャニオン Yaki viewpoint of the Grand Canyon
Yaki point (2)

グランドキャニオン Grandview point of the Grand Canyon
Desertview point

グランドキャニオン Lipan viewpoint of the Grand Canyon
Lipan point (1)

グランドキャニオン Lipan viewpoint of the Grand Canyon
Lipan point (2)

グランドキャニオン Lipan viewpoint of the Grand Canyon
Lipan point (3)

グランドキャニオン Lipan viewpoint of the Grand Canyon
Lipan point (4)

グランドキャニオン Moran viewpoint of the Grand Canyon
Moran point (1)

グランドキャニオン Moran viewpoint of the Grand Canyon
Moran point (2)

グランドキャニオン Moran viewpoint of the Grand Canyon
Moran point (3)

グランドキャニオン Grandview point of the Grand Canyon
Grandview point (1)

グランドキャニオン Grandview point of the Grand Canyon
Grandview point (2)

フェイキャニオン Fay Canyon
フェイキャニオン Fay Canyon (1)

フェイキャニオン Fay Canyon
フェイキャニオン (2)

フェイキャニオン Fay Canyon
フェイキャニオン (3)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク Oak Creek (1)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク (2)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク (3)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク (4)

ルート

新婚旅行でアメリカに行ってきた。
往路は成田からシアトル経由でフェニックスまで、復路はフェニックスからロサンゼルス経由で成田へ。
フェニックスでレンタカーを借りて、グランドキャニオン・アンテロープキャニオン・ホースシューベンド・セドナへ。
約2,000kmほど走ったので、日本で言えば鹿児島から函館まで陸路で走ったことになる。

レーニア山 Mt. Rainier
シアトル空港で国内線に乗り換え、フェニックスへ。
窓からレーニア山(Mt. Rainier)が間近で見えた。美しい。
(iPhone画像)

シボレーの何とか
トヨタ車を予約しておいたのに、レンタカー屋で用意されていたのはシボレー。よくあることか。
なかなかパワフルでよく走る車だったな。

ハリトカゲ属-1 genus Sceloporus
ハリトカゲ属の1種。お腹のコバルトブルーがすごい。尾の方はターコイズブルー。

ハリトカゲ属-2 genus Sceloporus
これもハリトカゲ属の1種。お腹の青の色合いが種によって全然異なるんだな。

ハリトカゲ属-3 genus Sceloporus
これもハリトカゲ属だろうか。

アメリカアカシカ(北米名エルク・アメリカンインディアン名ワピチ)
アメリカアカシカ(北米名エルク・アメリカンインディアン名ワピチ)

続く。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, Distagon T* 2/35 ZF, Makro-Planar T* 2/100 ZF

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。