たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-01-25       続・ブレッドリー

セントラルパイソン

厳ついガイコツフェイス、ペールグレーの瞳、がっちりした体躯、それでいて大人しく、エサ食いも良好。
つくづく、いいヘビだね。
他のカーペットパイソン系モレリアもこんな感じなのかな?人気があるのも分かる気がした。

紐で測ってだいたい210〜215cm、誤差を考えても2mはあるオス個体。
ウチにある秤は3kgまでしか量れず、それをオーバーしたので体重は3kg以上としか分からない。
ハンドリングしたり体に巻き付かせると、ずっしりと来る重さが心地良い。

私の購入したこの個体は、セントラルとしてのグレードは低いのかもしれない。
色彩はノーマルだし、鼻の頭に黒ずみがあって、このサイズで残ってるってことは脱皮しても消えないんだろう。
アダルト個体なのに価格も安かったし。
でもすごく気に入ってしまった。

セントラルパイソン

一枚目はバウンスでストロボを当てて撮った写真。どうも赤っぽくなってしまう。
二枚目はストロボを使わずに撮り、18%グレーカードでホワイトバランスのキャリブレーションを行ったものなので、実物はこんな色合い。
頭部から体の前半部の淡い色合いと、後半部の暗さのコントラスト、それがやっぱりセントラルらしさなんじゃないかね。

写真
有隣目ニシキヘビ科セントラルパイソン Morelia bredli
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(1枚目)、Makro-Planar T* 2/100 ZF(2枚目)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/100-abb1a43b

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。