たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-04-02       29年目

アカハライモリ

両親宅にずっと置いてあるのでもはや私が飼っているとは言えないが、例のイモリは今年で飼育29年目になる。
1個体だけになってしまったが、今のところ体調も変わらず元気だ。

昨年の記事「28年目」(クリックで別ウィンドウ)
http://higedura.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

アオダイショウ

一方こっちは2年目に入ったアオダイショウ。
しばらく拒食していたのが、2月の頭に急にスイッチが入って爆食モードに。
2月と3月で二回りくらい大きくなった。
食いムラがあって元々小さかったので、これで年齢通りのサイズになった?

もうこのサイズならアダルトマウスを平気で呑めるはずだが、体毛があるとだめなのか、
せいぜい小さめのホッパーに食いつくぐらいで、アダルトマウスになるとプイッとそっぽを向く。
一回の給餌量(ピンク・ファジー・ホッパーの合計)はアダルトマウス2個体分になる時もあるので問題はないはずなのに‥‥。

いまだにピンクマウス大好きで、ファジーやホッパーをあげた時とは明らかに食いつきが違う。
小学生が哺乳瓶で粉ミルク飲むの大好きって言ってるようなもんやで‥‥マジキチ

写真
有尾目 イモリ科 アカハライモリ Cynops pyrrhogaster
有鱗目 ナミヘビ科 アオダイショウ Elaphe climacophora
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

29年は長いですねぇ。私の年齢とほぼ一緒ですよ^^;
飼育下でこの記録はかなり凄いんじゃないですかね?

うちのアオダイショウも顔と眼球のサイズから予想するにほぼ同じくらいのサイズかと思われますが、
うちのは飼育3年目です・・・喰いムラが激しすぎて全然大きくならないっす・・・
冬眠させてないのが何かしら影響あるんですかねぇ・・・?

日本から持ち帰ったイモリがドイツで50年以上飼育されていた記録がありますが、国内ではあまり聞かないですね。
ただ、丈夫な種なので同じくらい長く飼っている人も(表に出てこないだけで)いるんじゃないでしょうか。

アオダイショウって意外に食いムラがあるんですかね。
冬眠は関係ありかもしれません。
あとは元々ゆっくりと成長する種なのかもしれませんね。

先週末、現在作業している災害復旧現場の川で地元の子供達が「トカゲ」といってイモリをつかまえておりました。ちょうど栗岩様のブログのイモリを思い出した所でした。果たして彼らの父(今の若い父親)にイモリが判るのであろうか?最近は生き物に弱い大人が増えましたが特に環境が減少したためか水辺の生物はからっきしみたいです。あと捕食ですが少年期に捕獲した亀は5年位飼育しましたが冬眠させなかった年より冬眠させた年のほうが餌の量が多かったような記憶があります。その後は世話を出来なくなりましたので確か川に放しましたが・・。恩返しにこーへんかなぁ。

冬眠前と明けはかなり餌を食べるでしょうね。
冬眠する種は体内時計にその休眠期が刻まれているでしょうから、
本来の生活サイクルで飼育するのが一番いいんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/121-8c999085

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。