たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-04-05       ウチノリアシス

ウォーターパイソン・ケージ

そういえばウォーターパイソンのケージを掲載したことなかったので写真を撮った。
中に入れてある岩は、オリーブパイソンのケージに入れてあるものと同じ種類の岩。
重いので掃除の時などガラスに当たって割らないように気を付ける必要はあるが、(当然だが)作り物の岩とは違って見た目もいい。
脱皮の際のとっかかりにもなる。
底の部分が大きくえぐれていて、天然のシェルターにもなっている。

ただ、ウォーターは登り木の上がお気に入りらしく、8割がたここにいる。
ヒーター(暖突)に近くて暖かいのもあるんだろう。
で、残り2割は岩の下でとぐろを巻いている。
岩の上にいるのは何回か見たことがあるのみ。おい‥‥

岩と登り木だけだとちょっとさみしかったのでオリヅルランも入れてあるが、ウォーターが大きくなってきたら除くつもり。

ウォーターパイソン Liasis fuscus

給餌後なのでムチムチしてるな‥‥。

オリーブパイソン Liasis olivaceus

もう一方のリアシス、豪州大陸の帝王ことオリーブパイソンはというと、45ケージは限界のよう。
狭いと感じているからだと思うけど、吻部をしきりにケージに押し付けて出ようとしている。
今度ケージ注文するからもう少し待ってね‥‥

そういや以前の記事でオリーブはGTPより少し小さいと書いたけど、測ってみたらオリーブの方が10cmくらい長かった。
これで長さも重さも両方ともGTP&ボールを超えた。

写真
有隣目 ニシキヘビ科 ウォーターパイソン Liasis fuscus
有隣目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus
D700 + Makro-Planar T* 2/100 ZF(1枚目), AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(2&3枚目)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/122-3a8f5f3e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。