たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-04-29       ニッコールの頂

AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

昨日に引き続き機材の話。今度は純正のニッコールレンズ。

ニッコールレンズの一つの頂点といえば、この14-24mmに異論はないだろう。
解像力、ヌケの良さ、ズームレンズでありながら単焦点レンズを超えた性能。
ただ、ゴースト・フレアはよく抑えられているものの、前玉が非常に大きいのでハレ切りしないとゴーストはある程度出る。

よく目にする使用感として、この非常に大きな前玉を気にするあまり取り回ししにくいと書かれることがあるが、私はそう感じたことはない。
むしろ長さがそれほどでもないので、24-70mmなどに比べれば格段に取り回しはいいと思う(24-70mmは持っていないが)。

D3と同時に発表・発売され、このレンズを使いたいがためにキヤノンから乗り換えた人も多かったと聞く。
6年前、それまでAPS-CのD60を使っていた私が、フルサイズのD700を買ったのもこのレンズを使いたかったからだった。
普段は使用することは少ないが、フィールド調査の際は必ず持ち出すレンズだ。

14-24mm F2.8G & Micro 60mm F2.8G

手持ちのニッコールレンズは下記8本。
AF-S 14-24mm F2.8G、Ai AF 35mm F2D、AF-S 35mm F1.4G、Ai 50mm F1.4S、AF-S 50mm F1.4G、
AF-S Micro 60mm F2.8G、Ai Micro 105mm F4、AF-S 70-200mm F2.8G。

14-24とともに気に入っているのはMicro 60mm。
ニコンのナノクリスタルコート使用レンズは、どれもヌケの良さと逆光への強さが特徴で、基本的にニュートラルな発色。
14-24はちょっと色乗りがいいように感じるが、Micro 60mmはまさしくニュートラルという感じ。
そのため、マクロレンズでありながらブツ撮りだけでなくポートレイトに使用されることも多いようだ。
また、中でもその逆光の強さは特筆もので、ゴーストもフレアもまず出ない。それでいてあの低価格。

ニコンのカメラを使っていて、14-24とマイクロ60を使わない人がいたら、本当に損をしていると思う。
この2本はそれくらいのレンズだ。

写真
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, Makro-Planar T* 2/100 ZF

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/130-ea40bda2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。