たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

03 « 2017-04 « 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-05-12       Mプロジェクト

下甑島

先日、ハワイのビショップ博物館のランドール博士からメールがあり、某島における魚類の採集調査を計画してくれないかと打診され、やり取りを続けている。
ランドールは魚類学にたずさわる人なら知らない人はいない、世界で最も有名な魚類学者だ。
メールのCCに入っているのはジョン・アールやリチャード・パイルらビショップの他の魚類学者ら、みんな大御所だ。
それからMicronesian Reef Fishesという図鑑で有名な、水中写真家のロバート・マイヤー。
まぁ私が実際に会ったことのあるのはランドールだけなんだけど。

どこに行くかはまだ書けないけど、仮に M-Project としてすでに動き始めている。
正直なところ実現できる可能性はかなり低く、ここに行けるなら孀婦岩に行く方が比べ物にならないくらい簡単というくらい。
行く方法は4通りほど考えられたが、問い合わせをしたり調べたりした結果、そのうち2通りはほぼ無理という状況。
また、実際に行くことができたとしても手続きの関係で今年はまず間に合わず、来年以降になるだろう。
大変だしホントに行けるかは難しいが、やってみるだけの価値はある。

下甑島

もう一つ、今度は遊びの魚突きでの話だが、こちらもある島、というかある無人島群への遠征の話が進んでいる。
実は5,6年くらい前から動いていた話で、毎年スケジュールやその他いろいろな都合が合わず、結局実現できないでいた。
それが今年はもしかしたら行けるかもしれないというところまで来ている。

既に実現させた豆南諸島や、上述のMプロジェクトなどと違い、そこへ行くのに面倒な手続きは必要としないので楽ではある。
こちらは行くとしたら今年の7月下旬。それが3月の小笠原以来の今年2回目の遠征になりそうだ。

写真
鹿児島県 甑島列島 下甑島(2010年12月撮影)
D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/133-f66be387

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。