たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-05-23       Deep Sea Fishes

深海魚ってどんな魚

北大の名誉教授である尼岡先生から新刊が届いた(献本)。
「子供から大人まで広く楽しんでもらえるやさしい深海魚の本(前書きより)」で、専門書ではない。
科博で過去3回行われた深海魚ワークショップでの写真や、そこで同定された標本写真が多く載っていて、私が撮ったものも使われている。

オニアンコウ

本の中では尼岡先生自身が撮ったオニアンコウの写真が使われていた。
上写真は私が撮った同一個体の写真。

写真自体はこの写真(つまり私が撮ったもの)の方が断然良い(笑)。
ただ、私は尼岡先生が撮った後に瓶に詰められていたものを撮ったので、エスカ(誘引突起)やアゴヒゲ状の発光器官が曲がってしまっている。

クロヒゲホシエソ

同じくクロヒゲホシエソの写真も、本では尼岡先生自身が撮ったものが使われている。
上写真は私が撮った同一個体の写真。
私が撮ったのは尼岡先生が腹部を解剖した後のようだ。

クヒゲホシエソ

クロヒゲホシエソの頭部アップ。いかにも深海魚という感じ。
クロヒゲホシエソは本の中ではホテイエソ科にされているが、ここではNelson (2006)に従いワニトカゲギス科とした。


写真
アンコウ目 オニアンコウ科 オニアンコウ Linophryne densiramus
ワニトカゲギス目 ワニトカゲギス科 クロヒゲホシエソ Melanostomias tentaculatus

D3 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(1枚目)、Makro-Planar T* 2/100 ZF(2枚目)、AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G(3&4枚目)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/135-444f51cf

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。