たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-07-29       沖縄へ

ギンカモメ

(1)
突然だが、琉球大学でポスドク(博士研究員)をすることになった。
10月1日付けでの雇用となるため、9月下旬に沖縄に引っ越す予定。

実は、6月末にこの話をもらった時にはイイ話とは思ったがイマイチ踏ん切りがつかず。
これが沖縄ではなく小笠原だったら明日にでも行くのに、なぜなのか冷静に考えてみた。

理由の一つは、私は太平洋・日本海含めて岩礁域と、それから海洋島は好きなのだが、完全なサンゴ礁域にはそれほど興味がなかったこと。
やっぱ綺麗なサンゴ礁で綺麗な魚を突いて捕るより、荒々しくゴツゴツした男性的な岩場でイカツイ魚を突く方が好きなんだな。

もう一つは、沖縄は文化圏が違うので「遠い」という印象が強かったこと、この二つなのだと思う。
例えば北海道は(昔一年住んでいたことがあるのもあるけど)文化圏としては本州とそれほど変わらないので、
同じ海を渡るにしてもあまり遠いという気はしない。やはり沖縄は日本の中でも特殊なところという感じがする。

ただ、琉大出身の研究者仲間に話を聞いてみたところ、沖縄に住もうと思って住める機会なんてなかなかないのだから、これはいい機会だと。
ああ確かにそれはそうだ。
潜り仲間で本島に住んでる人もいるし、西表島でツアーガイドをしている人もいる。
研究者仲間も何人か琉大やOISTにいる。
じゃあいっちょ行ってみるかと乗ってみることにして、先週、正式にこの話が決まった。
たずさわるのは琉大と水試の共同プロジェクトで、琉大に所属して琉大と水試を行き来することになる。
琉大側は立原先生と今井先生が担当し、私は今井研に所属することになる。

ちなみに神奈川県博の身分はそのまま付いていく(外来研究員なので私がどこにいても問題ない)。
また、今引き受けている東邦大の仕事は、東大にいる先輩が後を引き継いでくれることになった。

ということで、明日と明後日、挨拶と打ち合わせのため沖縄に行って来る。

ニホンイヌワシ

(2)
宇治群島で捕ったクエについて潜り仲間の複数からおめでとうと連絡があったが、その中でみんなが気になることがあるようだ。
あのクエ食べた?美味かった?と。

実は2個体とも食べていない。
まず、15kgの個体の方は標本にした。全国どこの博物館にも、大型のクエの標本はないと思われるからだ。
クエは言わずと知れた超高級魚。15kgのクエともなれば市場での卸値でさえ10万円は下らない。
特別な理由もなく、一個体の魚の標本用にそんな大金を払えるはずはない。
また、例えば知り合いの釣り人に頼んだとしても、クエ釣りはたいそうな装備をかけてしかも難易度の高い釣りなのでそうそう釣れるものでもないし、
釣り人にとっては勲章であるから、釣れたとしても標本用に譲ってくれることはないだろう。
船長さんにも勿体ないと言われたが(笑)、貴重な学術標本になるのだ。

19kgの方はどうなったか、それを言う前に少し説明が必要だ。
今回も研究用サンプルにアカハタを20個体欲しかったのだが、自分では4個体しか捕れないでいた。
乗り子として同乗した漁師さんが、私たちが潜っている間に4,50匹のアカハタを釣っていたので、少しもらえないかと聞いてみたところ、
何とアカハタが日当なのだという。日当を自分で釣らなければならないのだった(笑)。

日当をただでもらうわけにはいかないので、私が捕った19kgのクエと、漁師さんが釣った16個体のアカハタを交換してもらった。
私としてはこれで研究用サンプルのアカハタが20個体集まってウハウハ、
漁師さんとしては4,5万円ほどにしかならない16匹のアカハタが15,6万円にもなるクエになってウハウハ。
これにて一件落着だ。

私は食べるために魚突きをやっているわけではない。魚を銛で突いて捕るのが好きなのでやっている。
小さい頃の生き物捕りの延長というわけ。だから捕った魚を研究用にするのに何の抵抗もないわけだ。
もちろん食べるのは好きだけどね。遊びの遠征で突く時は美味い魚しか突かないし。


写真
チドリ目 カモメ科 ギンカモメ Larus novaehollandiae
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

タカ目タカ科ニホンイヌワシ Aquila chrysaetos japonica
D700 + AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

いぇい!
お待ちしております!

たぐさんは仕事でしょっちゅう沖縄に行っているそうですね。
向こうで飲みにでも行きましょう!

毎週往復しています。(笑)

マーケティング関連ですが、沖縄県水産課や北大東の仕事もさせてもらっていますので、是非!
尖閣行きましょう。

県の水産課は南大東の調査の際に許可申請でお世話になりました。
それほど人は多そうではありませんし、たぶんたぐさんも知っている人なんでしょうね。
北も南も、大東に行く時は声をかけますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/147-fd5a413f

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。