たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-12-03       魚突き in 沖縄-2

Okinawa

といっても魚は突いてないんだけど‥‥。

昨日、天気が良くて風向きも良さそうだったので近場の海に行ってきた。
前回潜った場所は自宅からかなり遠いので、近場でおかず捕りのできる場所が欲しいのだ。

今回行ったのは、元琉大の友人がカヤックに乗ってリーフエッジまで行き、潜ったり釣りをしたりしていた場所。
ビーチからエッジまでは直線距離だと泳いで30分くらいか。
日差しが強く、逆光で見づらかったのと、少し流れがあったので結構な時間をかけて泳ぎ着いた。

エッジの切れ目から出て北側がいいとのことだったが、北側は泥濁りで魚も少なかった。
もっと北にある漁港で工事をしているので、その土砂による濁りだろう。
一方、南側は透明度もまぁまぁだったが、ずっと先に行くと岬があり、その辺りは沖出しの激流で、しかもイタチザメがいるとのこと。

南側へは近づきたくないのだが、潮流は南へ流れている。
2時間ちょい、海の中に入っていたが、潜った回数は10回にも満たず、ひたすら泳ぎ続けていた。
泳いでいないと南へ流されるからな‥‥。

肝心の魚は、エッジの外に出ると魚影は薄く、ガランとしていて岩についているサンゴも少ない。
むしろエッジの出口付近の浅場の方が魚がいた。
といっても小さいスジアラが一匹にハマフエが少し、それにゴマアイゴの群れが一度回ってきただけ。
結局一度も銛は打たなかった。

次はもう少し南側まで見てみようと思う。
もちろん流されてイタチザメに喰われて海の藻屑と化すのはカンベンなので十分注意するつもりだ。

Okinawa

先週、西表島でツアーガイドをやっている赤ちんが本島に寄るというので会ってきた。
毎年恒例の瀬戸内海でのカヤックガイドたちの集まりに参加して、その帰りとのこと。
ちょうどたぐさんも仕事で来沖していたので合流。
食の専門家のたぐさんの案内で、美味いピザ屋でたらふくチーズとガーリックを腹に詰め込んだ後、
たぐさんの知り合いのやっているバーで少し飲んでから帰宅。

写真
D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G(一枚目)
COOLPIX AW100(二枚目 taken by Y. Akatsuka)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/156-5bfecdd5

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。