たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2013-12-08       魚突き in 沖縄-3

Okinawa

先週に引き続き、海に行ってきた。
前回潜った場所より少し南側。

リーフから外に出るとダイナミックな地形が広がり、いきなり水深15mから20mと落ち込む。
その先は底が見えなくなるまでどんどん深くなっている。

そこから北へ向かって、エッジの浅場から沖の水深25mラインまでジグザグに1時間半ほど泳いでみた。
同じような地形でも、サンゴが広がっているところがあったかと思うと、別の場所ではサンゴがまったくついておらず岩肌が露出しているところもある。
潮の当たり方が違うのだろうか。

スジアラがいてもおかしくない地形なのだが、相変わらず魚影は薄い。
結局一度もスジアラは見なかった。

アオノメハタ

良い型のアオノメハタがいたので2匹突いた。
どちらも同じくらいの大きさで、43,4cmくらい。
(センスねぇ場所を突いたのは見逃して)
でもアオノメハタではアドレナリンがまったく出ない‥‥。

50cmくらいのアヤコショウダイも一匹いて、すんなりと射程に入ったが、
「アヤコショウか‥‥うーーーーん‥‥」と躊躇して突くのをやめた。
沖縄では食用にしているが、臭みがあって美味しくない。
ちなみに沖縄でよく食べる魚にブダイ類(ゲンナー)がいるが、あれも美味しくない(だから見かけても突かない)。
沖縄の魚についてはそのうち記事にして書こうと思う。

年内にもう一度、この場所のもう少し南側で潜って、
その次は(おかずとはいえ)アドレナリンが出るような獲物が捕れる場所を探しに遠出してみようと思う。

そうそう、海から上がってウェットを脱いで着替えている時に4ヶ所蚊に刺された。
車の中にも蚊が入ってきて追い払うのに苦労したので、次回は蚊取り線香を持って行かなくては。
もう12月なんだけど‥‥。恐るべし沖縄。

写真
スズキ目 ハタ科 アオノメハタ Cephalopholis argus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

アヤコショウダイよりも、ゲンナ‐よりも、なによりアオノメハタが美味しくないですよ・・・

ちょうど今、アオノメの味についての記事を書いてた。
アオノメは身は普通に美味しいハタだったよ。
ただ、皮がすげぇ臭い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/158-e261177f

 | HOME |