たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2013-12-13       やっぱ沖縄あったかいなと調子ぶっこいて薄着していた結果

出刃包丁と刺身包丁

風邪引いたンゴ‥‥


日曜に突いたアオノメハタ、アオノメは随分前に一度食べただけで味も覚えていないものの、
ハタなのでまぁ普通に美味しいだろうと思っていたのだが、果たしてどうか。
刺身・カルパッチョ・漬け丼・天ぷら・アラ汁にして食べてみた。

身は少し脂が乗っているが淡白な白身で、うま味はまぁまぁ、臭みはない。歯ごたえは他のハタ科と同じ。
刺身とカルパッチョ、そして漬け丼は美味しい。これもさすがハタ科という感じ。
天ぷらも問題なく美味しかった。

ただ、皮がすげぇ臭い。ハタ科とは思えないほどの臭み。
さばいている時から結構気になっていたんだけど、食べてみてやはりという感じだった。

アラ汁にする際、皮付きの身・頭・カマなどを塩と酒で臭み取りをして、煮込む時にもショウガを入れるので汁自体に臭みはない。
だが皮を食べようとすると臭みがあってまずい。身はやや固くなり、身離れもイマイチ。この分だと煮付けもイマイチっぽい。

アラはまだだいぶ残っていて、味噌汁の出汁取り用にでもするかととりあえず冷凍してあるが、あの臭みを考えるとやっぱ「捨て」かな。
救いなのは、三枚におろして皮を引けば身には臭みがないこと。
潜っていて何も獲物がない時にアオノメを見たら、サイズが良ければまぁ捕ってもいいかなという感じ。

写真
D700 + Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100 ZF

スポンサーサイト

コメント

栗岩様

 初めまして。風邪の具合はどうですか?沖縄での生活が伝わってきて楽しくブログを読んでいます。海が好き(海の生き物)です。一度沖縄の美しい海を見てみたいと思っています。

初めまして。楽しんでもらえて何よりです。
海はやはり綺麗です。何より生活の場のすぐ近くに海があるというのが素晴らしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/159-094d4bc9

 | HOME |