たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2014-03-31       まぁ気にするな、女なんて星の数ほどいるさ 星に手は届かないけどな!

アオダイショウ Elaphe climacophora

ウチのアオダイショウは食いムラがあって、かなりの頻度で食いまくっていたかと思いきや、
ある日突然ピタッと食いが止まると、その後しばらく(長い時は数ヶ月)は冷凍餌はおろか活餌でも食べなくなる。

これは季節は特には関係ないようで、飼っていて何が原因なんだかさっぱり分からない。
温帯性の種であるから、本来は冬は冬眠しているのに、それをさせていないことも関係ある‥‥のかなぁ。
ともかく、ベビーで捕まえて飼い始め、2年半を過ぎたが、食いムラがあるために飼育年数の割にはまだそれほど大きくない。
ただ、なんだかんだでもう1.5mは超えたし、それなりに成長はしている。

冷凍餌に関しては、ちょっとでも餌が大きいと感じるとペッと吐き出してしまう。
サイズ的にはもう十分 Lサイズのアダルトマウスを食べられるのに、いまだにホッパーが中心。
最近になってようやくアダルトMLを呑むようになったのは大きな進歩だが、完全に呑み込むまで毎回吐き出さないかとハラハラする。

また、冷凍焼けしてくると食わなくなるので、長期保存した冷凍餌はNGという贅沢野郎。
むかつく‥‥けどかわいい。悔しい!

アオダイショウ Elaphe climacophora
外国産のニシキヘビや、ナミヘビでも派手な色彩のミルクヘビなどに比べると地味さは否めないが、
見れば見るほど、飼い込めば飼い込むほど、つくづく渋くて良いヘビだ。

飼い始めは手で掴むと臭いを出したりしていたが、今はもう皆無。
目をクリックリッと動かしてケージの中からこちらをよく観察している。
顔の筋肉が結構動くので、表情が変わるようで見ていて面白い。

ケージから脱出しようと網蓋の金網の隙間に顔をねじり込んでできた傷は、何回脱皮しても消えず、ずっと残ってしまっている。
でも今ではそれも一つの個性になっている、かな。

写真
有鱗目 ナミヘビ科 アオダイショウ Elaphe climacophora
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/177-8330322d

 | HOME |