たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2017-03 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-05-16       緑のロッコール

Minolta SR-T101 + Rokkor Lenses

筑波にいる時にネタ切れ時用に撮っておいた写真。
デジタルではなくフィルムカメラもあるので、それらの紹介を。

ミノルタ SR-T101。
父親から譲り受けたカメラで、私が生まれる前から父が使っていて、そのまま私の幼少期の頃を記録していたもの。
これは捨てられないよなぁ。

カメラとレンズ、ともにオーバーホール済み。
レンズ以外にも、ファインダーやらエクステンションチューブやらいろいろと揃っている。

Minolta SR-T101
MC W. Rokkor-SI 28mm F2.5
MC Rokkor-PF 55mm F1.7
MC Tele Rokkor-PF 135mm F2.8
MD Zoom 70-210mm F4

ロッコールレンズといえば、“緑のロッコール”。
ただ、28mmはコーティングが黄色くなっている。
理由は有名なアレです。

Nikon F3 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF

もう一つ。

ニコン F3。
かつてのフラッグシップモデルで、科博で20年前ほど前まで標本撮影用に使われていたもの。
備品整理の時に出て来て、処分するというので譲ってもらい、オーバーホールした。
ニッコールレンズはMFおよびDタイプのAFレンズが使え、カールツァイスとフォクトレンダーのレンズはすべて使用できる。

Nikon F3
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF

SR-T101もF3も、この数年は防湿庫の中で留守番状態。
調査や遠征で撮影機材を持って行く時、軽量化のためフィルムカメラまで持って行くことはほとんどないし、
数回だけ持って行った時には何となく億劫になって結局撮らずじまいだった。

でも、フィルムカメラの巻き上げレバーのガシャッという感触、
マニュアルレンズのモノとしてのカッコ良さ、使い心地、その完成度。
どれもたまらないものがある。
そして何より、出来上がったフィルム写真の、あの何ともいえない空気感。
あ〜、またフィルムやろうかな‥‥。

写真
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/189-90fc4cb2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。