たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-05-17       CLIMAX

オリーブパイソン Liasis olivaceus

オリーブパイソン♀ Liasis olivaceus
やっぱ断トツでオリーブが一番好きだな。
グングン大きくなっていて、全長は 2 m を超え、体重も 3 kg に。
雌雄差なのか、初代♂よりこの2代目♀の方がかなり太い。

ウォーターパイソン Liasis fuscus

ウォーターパイソン♀ Liasis fuscus
オリーブよりも頭部が細く、首のくびれも目立たない。
意外に体の色合いを変える種で、黄色がかったライトブラウンになったり、濃い黒になったりする。

パプアンパイソン Apodora papuana

パプアンパイソン♀ Apodora papuana
脱皮直後は頭部が青みがかったグレーになり、体の手触りはよりしっとり、よりモチモチになる。
色合いは普段からコロコロと変わり、明るめから暗めのオリーブグリーンになったり、イエローが強くなったりする。

買う買わない(飼う飼わない)は置いといて、まだ他にもいいなぁと思うヘビはいるけど、
オリーブとパプアンが揃ったので、ここが一つのクライマックスか。

写真
有鱗目 ニシキヘビ科 オリーブパイソン Liasis olivaceus
有鱗目 ニシキヘビ科 ウォーターパイソン Liasis fuscus
有鱗目 ニシキヘビ科 パプアンパイソン Apodora papuana
D700 + Makro-Planar T* 2/100 ZF(オリーブ・ウォーター)、AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(パプアン)

スポンサーサイト

コメント

はじめまして、ヘビが好きなんでちょくちょくのぞかせてもらってます。オリーブとかが今は手に入るんですねえ。今はインドネシア勤務なのですが、昔はペット屋にいて、いろいろ飼ってました。
野性のヘビはあんまり見る機会がないですが、この間は宿舎の玄関にティモールがいました。マウスが常に手に入ったら飼ってたのに。
今までアミメとマクロットは見たことあります。
何時かサブ島でサブパイソン見てみたいです。

初めまして。
すごい環境ですね。チモールにレティックにマクロットに。
野生化での姿を見れるなんて本当に羨ましいです。

扱いきれないので飼おうとは思いませんが、アミメは最も美しいヘビだと思います。

サブも見れるといいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/190-264c19a2

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。