たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-08-02       下甑島・鷹島調査 2014 終了 -1

鷹島(南から見た全景)

下甑島調査が無事終了、台風11号12号が直撃する前にギリギリ戻ることができた。
16年前から通っている下甑島、学生時代は長期キャンプしていたものの、最近は数日間の滞在が続いていて、1週間もいたのは本当に久しぶり。
そして今回は、16年目にして新たな、かつ大きな発見もあり、非常に有意義な調査となった。

私はスジアラの採集調査として日程を固定、マッコウとハジメがそれぞれ休みを取って途中まで同行し、
その代わりに二人が捕ったスジアラの鰭をDNA解析用に分けてもらうことにしていた。
しかしマッコウが仕事の都合で直前のキャンセルとなり、私とハジメの二人で渡島することに。

島では潜りの漁師であるTさんがほぼずっと付き合ってくれ、鷹島へは昨年の宇治群島遠征同様にMさんの船を出してもらい、
同様に島の漁師であるHさんが今回も乗り子として同乗してくれることに。

最初の二日間、島の地磯で潜るも、東シナ海の北方を北東方向に進む台風10号のうねりが入り、
また激濁りで透明度も非常に悪く、三人でスジアラを7個体捕るにとどめた。

そして三日目、いよいよ下甑島の南西約30kmにある無人島群、鷹島へ。
(津倉瀬へ足を伸ばすことも考えていたが、鷹島のみとなった)

鷹島(北西から見た全景)

北西から見た鷹島の全景。
大小5つの島からなる無人島群で、西側の3島、東側の2島の間は水路状に、
また西側も東側もそれぞれ北と南の島間で細い水路状となっている。
そしてさらに南の沖に二つ、水面に顔を出す小さな根がある。

参考 Wikipedia (別ページへジャンプ) http://ja.wikipedia.org/wiki/鷹島_(鹿児島県)

鷹島(南西から見た風景)

波長の非常に長い大きなうねりが当たっていて、船上では船酔いに、海面では波酔いに苦しめられた。

鷹島(西から見た風景)

見る方角によってまったく違う姿を見せる鷹島。
うねりの当たる場所は潜ることができず、潜りたいと思っていたポイントすべてに入ることはできなかったが、
それでも鷹島の概要は掴んだし、丸一日楽しむことはできた。

鷹島(東から見た風景・北側)

鷹島の概要だが、ざっくり言うと、下記の通り。

(1)とにかく深い。果てしなく深い。
宇治群島も深かったが、それでも浅場がちょこちょこあった。
しかし鷹島はドン深の場所ばかりで、水深 17 〜 18 m が最低ライン、基本的に水深 20 m ライン以深での勝負。
潮流は今回はそれほど速くなかったが、常に流れている。速い時は激流で、川のようになるとのこと。
まさに上級者向けのポイントだろう。

私たちも水面ではうねりに苦しめられ、潜れば深く入らざるを得ずと、大いに苦戦した。
大物がいても、深すぎて手が出ないという場面も何度かあった。
透明度が良かったのはせめてもの救い。

鷹島(東から見た風景・南側)

(2)思ったよりスジアラは少ない、逆にクエは多いかも。
下甑島も宇治群島もスジアラは多いので、鷹島も同様かと思っていたが、意外なことにスジアラは少なかった。
ただ、最後に潜ったポイントでは、水深 25 m ラインより下に大型の個体がたくさんいたとのこと。
小さな無人島群ではあるが、スジアラの多いポイントと少ないポイントがあり、その水深はともに概して深い。
結局、私が1個体、Tさんが5個体捕ったのみ。

クエは4個体目撃された。
そのうち私が1個体(12.5 kg)、Tさんが1個体(8 kg)捕った。
1個体は私がバラし(私とハジメが目撃、10 kgくらい)、残りの1個体は私が見たのみ(20 kgくらい)。

鷹島(南にある離れ磯・根を望む)


(3)全体的な魚影は非常に濃い。
その他の魚に関しては、イシダイやハマフエフキはむっちゃたくさんいた。
(今回はターゲットにしていなかったのでほとんどスルーしたが)

アカハタはなぜか少なく、私たちが潜っている間にMさんとTさんが船から釣りをしていて1個体釣れたのみ。
私は4個体捕ったが、どれもまぁ深かった。

クエ 92 cm / 12.5 kg

クエ 92 cm / 12.5 kg。
ちょっと痩せ気味の個体だったが、まぁいいだろう、捕れれば!

今回は手銛の精度が悪く、ヒラマサとカンパチを何度も外し(かすりもしないとか、背鰭を打ってバラすとか)、
スジアラも二度打ちしてやっと捕れるという低落ぶり。
そのため、最後になってやっと訪れたこのクエは、思いっきり銛先を近づけて打ち込み、一発であげた。
見つけた場所もシチュエーションもドンピシャ狙い通りだったので、まさに会心の一撃だった。

クエ 92 cm / 12.5 kg

鷹島での突果

<突果>


クエ × 1(12.5 kg・92 cm)、スジアラ × 1、アカハタ × 4
ヒレナガカンパチ × 1、イシダイ × 1、ハマフエフキ × 1

ハジメ
ヒラマサ × 2、ヒレナガカンパチ × 6

Tさん
クエ × 1(8 kg)、スジアラ × 5、イシダイ × 2

- 続く -

写真
鹿児島県 鷹島
D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/202-f0f4bf72

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。