たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2017-03 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2014-09-04       西表島遠征(1)

西表島

10年前にアイゴ類の採集調査で訪れて以来、二度目の西表島。
ただし今回は調査ではなく遊びの遠征なので、研究とは関係ない、いろいろとやりたい遊びをスケジュールに組み込んだ。
そして結論から言うと、思いっきり西表の自然を堪能し、満喫することができて、大満足の6日間となった。

魚突き、カヤックをやって海を堪能し、
キャンプをしてテントで夜を明かし、
沢登りをして川をやり、
その帰りは登山道を降りるルートを取って山をやり、
鍾乳洞探検までやった。

西表島

10号から12号まで、大型の台風が立て続けに来沖した7月とは打って変わり、
8月に入ってからは台風もなく、まとまった雨も降っていないため水源が渇水気味。
そのため両生類爬虫類は気配が薄く、探してもなかなか見つからなさそうだった。
しかしまぁ結局ほとんど見ることができたんやでー、見たい生き物は。

最後の夜、赤ちんの案内でまずはヤシガニ探しへ。
私自身はあまりヤシガニには興味はなかったが(昔パラオで捕まえたことがあるし)、
マッコウが見たがっていたので海沿いのジャングルの中へ。
なかなか見つからなかったが、最終的には3個体発見。
しかも1個体は抱卵していた。

西表島

ヤシガニを探している最中にセマルハコガメ(ヤエヤマセマルハコガメ)を発見。
野性のセマルハコガメを初めて見ることができて、私は一人感動していた。
しかも庭にひょこっと現れるとか、道路脇にいるとか、情緒風情のないシチュエーションではなく、
林床で落ち葉に頭を突っ込んで寝ているという、これぞ野生下の姿とでも言うべき状況。
(下・赤ちんが「セマルがいますよ」というのでライトで照らした時の写真)

ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae

うーん、やっぱ好きだわこのカメ。
昔、中国産(or台湾産)のセマルハコガメ(チュウゴクセマルハコガメ)を飼っていたことがあるけど、
またちょっと飼いたくなってきた。

ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae

ヤシガニとセマルハコガメを見つけ、ジャングルから出てきたところで約1時間が経過していた。
ここから3時間、車を走らせて川があるごとに止まり、ライトで橋の上から照らしてミナミマゴチ探しが続くも、結局見つからず。
(10年前は橋の上から見つけて捕った・M.D.のExpedition Reportで掲載していた)

その代わり、ミナミマゴチを探している道中で、ついにイリオモテヤマネコを見ることができた。
しかも子猫、しかも全身、しかもすぐ目の前の至近距離で。
(残念ながら写真は撮れなかった)

ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae

(下の写真)初めて見たサキシマハブ。綺麗なヘビだ。
スネークフックを持って行った甲斐があった。

これで日本産のハブ類4種(ハブ、トカラハブ、サキシマハブ、ヒメハブ)すべてを見たことになる。
もちろん動物園ではなく野生下で。

サキシマハブ Protobothrops elegans

西表島で見たかった生き物で今回実際見れたもの、印象に残っているものは、

魚類:ツバサハゼ
哺乳類:イリオモテヤマネコ、ヤエヤマオオコウモリ、ヤエヤマコキクガシラコウモリ
爬虫類:ヤエヤマセマルハコガメ、サキシマハブ、キシノウエトカゲ
鳥類:リュウキュウコノハズク

などなど(ヤモリは数種見たが詳しくないので分からない)。
しかもこれらのほとんどが、最後の夜に「ちょっと探しに行くか」と出かけて見つけたもの。
まぁ4時間かかったので「ちょっと」とはならなかったが。

逆に見たかったけど見れなかったものは、ミナミマゴチとカンムリワシくらいか。
赤ちんと話している時に、ハロウェルアマガエルとアイフィンガーガエルの話を聞いて、
そういえばその2種って西表にいるんだと気付いた。また次の機会に見てみたい。

魚を研究している者としては、西表島に来てツバサハゼを見たことがないというのはちょっと恥ずかしいので、
今回見ることができたのは良かった。
3個体見たが、どれも大型の個体で結構びっくりした。
日本産の個体群は絶滅危惧とされているので珍しさはあるが、決してカッコイイ魚ではない。
やはり、洗練されたスマートさと獰猛な荒々しさが同居し、さらに大型化するハタ科こそ最高。

あまり自分では写真を撮っていないので、とりあえず今回紹介する写真はこれだけ。
赤ちんが撮ったものをもらって全部揃ったらまた追加で紹介したい。

写真
カメ目 イシガメ科 ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae
有鱗目 クサリヘビ科 サキシマハブ Protobothrops elegans
D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G, AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/208-07423130

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。