たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2017-03 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-07-18       節子それカブトやない、クソムシや

ムネアカセンチコガネ

科博の各研究部(動物・植物・地学・人類・理工)の標本は、自然史標本棟という8階建ての標本専用の建物に収納されている。
これは文字通り標本のための建物で、もちろん国内最大規模である。

筑波は田舎なので自然が多い。標本棟の裏には科博の植物園があり、園内に野うさぎもいるらしい。
そんなわけで、標本棟の一階入り口の灯りには、夜になると昆虫が集まってくる。
そのすぐ前に喫煙所があるので、一服しながら集まる昆虫を見るのが何気に楽しい。

先月の話になるが、オレンジ色のコガネムシのような昆虫が仰向けになって足をばたつかせているのを見つけた。
手に取ってみると、初めて見る種で、種名までは分からないがセンチコガネの仲間であるのがすぐに分かった。
センチコガネ科は、いわゆる糞食のコガネムシだ。フンコロガシの親戚のようなものと思えば大体合っている。

グーグル先生に聞いてみると、ムネアカセンチコガネという種らしい。
特に珍しいわけではないが、(この仲間全般に言えることだが)探そうと思ってもなかなか見つからないものだ。

ムネアカセンチコガネ

シャーレに入れて持ち帰り、グリーンパイソンのケージに放り込んだ。
ヘビの糞の欠片でも食べてくれれば、そのまま飼育しようと思ったのだった。
だが、残念ながら数日後、ヘビが糞をする前に水入れの中でひっくり返って死んで浮いていた。
甲虫類を研究している野村先生に標本用に渡そうと、ジップロックに入れてとりあえず家の冷凍庫に入れておいた。

次の週、何とまたもう一匹ムネアカセンチコガネを発見。
こちらは同様にシャーレに入れて家に持ち帰ると、既に死んでしまっていた。
またもや同様に冷凍庫の中のジップロックへ。

そして記憶から忘れ去られて一ヶ月。
昨日、エレベーターで野村先生に会った際にふと思い出し、標本用に必要かどうか聞いてみたところ、
「えぇっ!?ムネアカセンチコガネ採ったの!?」
と予想だにしていなかった大きな反応。

ということで今日、家の冷凍庫に入れておいた2個体のムネアカセンチコガネを科博に持って行って野村先生に渡したのだった。

写真
コウチュウ目センチコガネ科ムネアカセンチコガネ Bolbocerosoma nigroplagiatum
D3 + AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G(1枚目)
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G(2枚目)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/22-00198ae9

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。