たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

06 « 2017-03 « 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2015-05-09       すまぬで済んだら丸太は要らねぇんだよ

火山列島(北硫黄島・硫黄島・南硫黄島)

小笠原水産センターでお世話になっている人から連絡があり、北硫黄島で捕れたアカハタが3個体届いた。
もちろん研究用資料としてだ。

伊豆–小笠原弧上の島嶼群は、北から順に伊豆諸島・豆南諸島・小笠原群島・火山列島となる。
伊豆諸島はまだいくつか「行ってみたいが行っていない」無人島・群礁があるが、
べヨネース列岩・須美寿島・鳥島・孀婦岩からなる豆南諸島には2回行ってすべて潜り、
聟島列島・父島列島・母島列島からなる小笠原群島は、母島回りがまだ一部潜っていない場所があるものの、聟島回りと父島回りはほぼすべて潜った。

そしてさらにその南にある火山列島は、北硫黄島・硫黄島・南硫黄島からなる。
硫黄島は言うまでもなく太平洋戦争の激戦地で、映画「硫黄島からの手紙」の舞台にもなり、現在は自衛隊の基地がある。
北硫黄島と南硫黄島は絶海の無人島で、3島すべて許可無しで渡航することはできない。
この海域への渡航は、すでに何年も前からツテがあり、豆南諸島調査で申請の実績もあるので、研究費と時間さえ得られれば行くことができるだろう。
具体的に「いつ」とは言えないが、将来行きたい場所の一つだ。

アカハタ・北硫黄島産 Epinephelus fasciatus

北硫黄島産のアカハタ。
日本周辺海域を中心に、西部太平洋のあちこちから研究材料として1,000個体以上のアカハタを確保した私は、
見た目だけでおよそどの辺りから捕れたアカハタか当てることができる。
もちろん外れることもあるが、少なくとも小笠原か、本州〜九州か、沖縄〜東南アジアか、この3海域は結構な確率で当てられるかな。

小笠原のアカハタはオレンジ色から黄色みが強く、体側の白班も強め。
深い場所から捕れるとより鮮やかな傾向があるが、北硫黄島で捕れたアカハタは非常に黄色みが強い。
上の写真は尾鰭の軟条が識別できるようにやや暗めにしてあり、実際はもっと明るい黄色だ。
(右と下の個体で眼球が大きく張り出しているのは、深場から捕れたため)

写真
スズキ目 ハタ科 アカハタ Epinephelus fasciatus
D700 + Makro-Planar T* 2/100 ZF
スポンサーサイト

コメント

インドネシアのアカハタ

こっちもアカハタいますが、個体数が少ないのか、狙う水深が合ってないのか、今まで二匹しか釣ったことのない魚です。

インリーフの深みでジグをしゃくってたら来ましたな。

アカハタはいるところには固まっていることが多いですね。
コロニーみたいな感じです。

分布域はハタ類で最も広く、インド洋・紅海から東部太平洋までいます。
個体数自体は結構多いと思いますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/237-6c93b287

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。