たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2016-03-20       空席を除けばほぼ満員

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

沖縄出張で美ら島財団(美ら海水族館や首里城を管理している財団)の研究部へ。
用務は科博の展示用に全長3.2mのホホジロザメを標本処理するため。

先日美ら海水族館で数日飼育されてニュースになった個体とは別で、2年前に延縄にかかって冷凍保管されていたもの。
美ら島でホルマリン固定し、6月に科博の上野本館(展示館)へ移送されて7月からの特別展で公開される予定。

吻端や顎周りを中心にポツポツと穴のように見えるものは、電気受容器官であるロレンチーニ瓶。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

歯を見せるために口を開けた状態のまま、顎周りにホルマリンの原液を注射し、固定。
腐敗を防ぐために腹腔と筋肉中にも同様に注射して一晩置く。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

注射しているところ。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

次の日、クレーンで釣り上げて10%ホルマリン溶液のタンクに入れる。

ホホジロザメ Carcharodon carcharias

ホルマリンを入れる前に各鰭を整えているところ。
この後、ホルマリンを入れて10%溶液に調整し、浸液固定へ。

今回は日経新聞社とBSジャパンの撮影クルーが取材のため同行していたが、
日経の人たちはさすがと思わせるような専門的な質問をぶつけてきたり、
BSの人たちは魚突き関係で繋がりがあることが判明したり、
両社に北大・恵迪寮出身の人がいて恵迪寮ネタで盛り上がったり、
いつもとは違う面白い出張となった。

写真
ネズミザメ目 ネズミザメ科 ホホジロザメ Carcharodon carcharias
D700 + Distagon T* 2/35 ZF
スポンサーサイト

コメント

初めまして、コメント失礼します。
ボールのケージはどこで注文しているのですか?よかったら教えてください。

初めまして。
ガラスケージは札幌のトロピカルジェムさんでオーダーしました。
私がボールに使っているのは 900w 450D 300H です。
サイズは自由にオーダーできます。
一度価格も含めて問い合わせてみてはいかがでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/260-b4a7d601

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。