たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2016-06-20       忍耐をする変態(アメリカ旅行記-2)

アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon
前回の続き。
アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon(1)

アンテロープキャニオン(アッパー) Upper Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(アッパー)(2)

アンテロープキャニオン(アッパー)・入り口(左)と出口(右)
アッパーの入口(左)と出口(右)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon(1)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(2)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(3)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(4)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(5)

アンテロープキャニオン(ロウアー) Lower Antelope Canyon
アンテロープキャニオン(ロウアー)(6)

アンテロープキャニオン(ロウアー)・入口(左)と出口(右)
ロウアーの入口(左)と出口(右)

アンテロープはアッパーとロウアー両方行った。
アッパーは、広く・暗く・人気が高く、観光客が多い。
ロウアーは、狭く・明るく・人気が低く、観光客が少ないが、圧倒的にアッパーより面白かった。
D3Xは高感度に強くないのでアッパーは撮りにくかったな。
どちらかしか行けないのであれば、絶対にロウアーをお勧めする。

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド Horseshoe Bend(1)

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド(2)

ホースシューベンド Horseshoe Bend
ホースシューベンド(3)

ホースシューベンドは実はあまり期待していなかったが、実際に見たらそのスケールの大きさ・迫力に圧倒された。
そこにあるものは写真の通りなんだけど、写真で見るのと実物を見るのではこんなに違うのかと驚いた。

フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon
フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon(1)

フェイキャニオンの星空 Starry sky over the Fay Canyon
フェイキャニオンの星空(2)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon(1)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空(2)

ボイントンキャニオンの星空 Starry sky over the Boynton Canyon
ボイントンキャニオンの星空(3)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ Airport Mesa(1)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ(2)

エアポートメサ Airport Mesa
エアポートメサ(3)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク Oak Creek(1)
前回の記事に載せたところは別の場所。
アメリカザリガニの幼体がいて、ああ本来の場所にいる姿がこれか、と思ったが、所詮アメリカザリガニ。特に感動はせず。
でも魚もチラホラ見え、岸沿いの薮にはトカゲ(Aspidoscelis uniparens)が無数に走り回り、水も空気も綺麗でいいところだった。

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク(2)

オーククリーク Oak Creek
オーククリーク(3)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック Cathedral Rock(1)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(2)

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(3)

今回の旅行中、初めての曇り空。
だが、何とか夕陽を見ることができた。

カテドラルロック Cathedral Rock
カテドラルロック(4)

私たちがカテドラルロックの頂上で夕陽を見ている頃、遠くベルロックの向こうで雷鳴が轟き、稲妻が光り始めた。
あれよあれよという間に暗くなり、雷雲が近づいてくる。
私たちが山を下りる頃には真っ暗となり、車に乗って数分も経たないうちに稲妻が光りまくり、辺り一帯は暴風雨に。
快晴のセドナも良いが、最後に見た荒れ狂う嵐のセドナも素晴らしかった。

あと一回続く。

写真
D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, Distagon T* 2/35 ZF, Makro-Planar T* 2/100 ZF
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

すごい写真ですね。圧倒されました。
特に女の人の後ろ姿と渓谷の写真が印象的でした。
しっかり絞って、くっきりで、目に飛び込んでくるような写真になるんですね。

初めまして。
風景写真は当然絞りますが、生き物の写真など含めても私は結構絞りますね。
ポートレートなどだとボケを生かしてとなるんでしょうけど。

普段はニュートラルベースで彩度の低い設定で撮ることが多いですが、
今回のように日差しの強い風景写真だと、コントラストを強めています。

逆にTOMO.Tさんのブログのような素朴な風景写真は、
コントラストを変に強めることなくともそれがとても良い味を出していて、
見ていてホッとするような、心地良い写真だと思います。BGMも効果的でしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/269-b2277d14

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。