たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2017-09 « 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2017-07-02       火山列島採集調査(3)南硫黄島 & 北硫黄島 〜 あっ、金田更新してる

雨に霞む南硫黄島

夕方に硫黄島を発ち、朝方 南硫黄島に到着。
遠くから段々と島が大きくなる様子を見たかったが、早朝に起きたら既に到着してしまっていた。

雨に霞む南硫黄島

海上はうねりが大きく、時折 大粒の雨が一面を叩きつける。
916mの山頂は雲に隠れ、いまだ全貌を見せようとしない。

夕陽を浴びる南硫黄島

沿岸と三ツ星岩で1本ずつ潜った後、波打ち際に上陸し、タモ網でアミキカイウツボ属の1種を採集した。
このウツボは正体が不明だったが今回の調査でようやく判明。
ウツボの専門家である九大のHBN君に筆頭著者になってもらい、今後論文としてまとめる予定だ。

南硫黄島をバックに調査隊メンバー全員で

夕方になってようやくうねりも落ち着いて来た。
調査隊メンバー全員で、南硫黄島をバックに記念撮影。

南硫黄島で見る夕陽

硫黄島の調査と南硫黄島の調査は一日ずつ
この後 夜になってから北硫黄島へ出航した。

北硫黄島(西側から)

西側から見た北硫黄島。 この島には戦時中まで村が二つあり、人が住んでいた。
実際に島を見て、ここに人が住んでいたことがとても信じられない‥‥。

北硫黄島(北側から)

北側から見た北硫黄島。

北硫黄島(南側から)

南側から見た北硫黄島。

船上で晩メシの準備

昼間の調査を終え、船上で晩メシの準備。
北硫黄島は二日間の調査予定。

北硫黄島で見る夕陽

船上から水平線に沈む夕陽を見る。
今晩はこのまま北硫黄島の横で船中泊。

写真 D3X + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

Moguler's Delightの栗岩です。
メッセージありがとうございました。

粟島は魚突きを始めた年に一度行きました。
一泊二日でしたが、ひどい土砂降りで海は濁り、散々でした。
海況の良い時にまた来ようと皆で話していたものの、結局それ以来行かずじまいでした。
海中の地形は覚えていませんが、海岸の地形は岩場が広がって期待できそうな感じだったのを覚えています。
粟島、楽しめるといいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/277-1aa7bf3c

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。