たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

07 « 2017-08 « 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-08-05       豆南再び(7)7/27 べヨネース列岩〜八丈島

べヨネースでの朝焼け

一面を燈色に染める朝焼けに祝福され、採集調査の最終日が始まる。

実は朝方にアンカーが外れて寝ている間に船が流されていて、元の場所に戻るまで30分くらい走るというハプニングが。
朝方うつらうつらしながら、やけに揺れるなぁと思っていたらそういうことだったか(笑)。

写真 D3 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G

べヨネース列岩

潮の当たる場所を中心に潜るが、特に大物はナシ。
その後、列岩の際で小物捕りに専念する。魚種が豊富でなかなか面白い。
珍しく普通のブダイ(温帯種)がいたので捕り、前回の課題だったノコギリダイも捕獲。
その他、68cmくらいのクチジロや、上がり際に寄って来た60cmくらいのカンパチなど(7/31の日記に写真)。

写真 D3 + AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

赤間さん・海笊さん・私・フエダイ

海笊さんが前日スミス島で捕ったフエダイを手に、赤間さんと一緒に記念撮影をしていたので、私も便乗した。
やはり前日に捕ったフエダイを手に、赤間さん&海笊さんと一緒に一枚。
なんか顔がむくんでるな俺・・・。

写真 FinePix J250

スイカ食いーの

採集調査もここまで。

ということで、スイカ食いーの

写真 D3 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G(以下すべて同じ)

そうめん食いーの

そうめん食いーの

うまうま

うまうま

青ヶ島

12時半にべヨネースを発ち、北へ走ること3時間、前方に青ヶ島が見えてくる。
ここからはもう豆南諸島の海ではない、伊豆諸島の海だ。

青ヶ島を通り過ぎ・・・

18時半過ぎ、青ヶ島を通り過ぎ・・・

八丈島が見えてきた

八丈島と八丈小島が見えて来た。
ここまで来ると、早く着いてくれという気持ちでいっぱいになる。風呂に入って布団で寝てぇ!

日も完全に暮れた20時15分、八丈島の八重根港に到着。
四日間の採集調査が無事に終わったのだった。

水揚げと片付け

夜が空けて28日、朝から港に行って採集した魚を船から出し、箱詰めにして漁協の冷凍室に入れてもらう。
その後、簡単な船の掃除(本格的な掃除は赤間さんにおまかせ)。

漁獲

こうして写真で見ると、今回の漁獲量の少なさに驚く。
前回はこのカゴが30箱は並んでいたっけ・・・。このカゴになどとても入らない、バカげたサイズの魚も多かったし。

いつかの日記に書いたとは思うが、なぜ今回漁獲量が少ないかは、大型個体がほとんどないのと、
前回捕った種はほとんどスルーして捕っていないからである。
ただ単に何も考えず漁獲量をかせぐためだけなら、極端な話、イシダイやイシガキダイ、ギンガメアジなどをいくらでも捕ってこれる。
しかし私たちは漁をしにいっているわけではないので、漁獲量が少なくても別に構わないのだ。
ただ、こうやって写真で見るとちょっとさみしい(笑)。

調査の内容については、一番の目的であったアカハタ(青ヶ島と須美寿島で各30個体以上)もしっかり捕れ、
またその他の魚種についても狙っていたものはほとんど捕れたので、目標達成&万々歳であった。

以上、2012年 青ヶ島・豆南諸島採集調査レポートでした。(終)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/30-4121c7e5

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。