たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2012-09-30       スィーツ()

アマゾンツリーボア

(1)
アマゾンツリーボアとアオダイショウのケージの床材を、それぞれ水苔とアスペンチップから
ともにヤシガラ土&フォレストフロア(ヒノキの樹皮を細かく切り刻んだもの)に変えてみた。
脱臭効果に期待してだ。
水苔もアスペンもヘビが糞をすると結構臭うんだよな。

一日経ってみて、アマゾンツリーは特に気にしていない風だが、アオダイショウはかなり心地よいらしく、ケージ内を潜りまくっている。
気になっていた脱臭効果については、かなり効果があるようだ。
レイアウトや床材をコロコロと変えるのは良くないので、しばらくこのままでいくつもり。

たぶんボールパイソンもヤシガラ土にすると気持ち良さそうに潜りまくるんだろうなと思うけど、
ケージが大きいので大量のヤシガラ土が必要になるし、とりあえず今のアスペンのまま。
グリーンパイソンは変わらず土と苔と植物を植えたレイアウトで。

(2)
他のブログや検索で出て来た過去記事を読んでいると、餌の与え過ぎで内蔵脂肪が溜まり、
気管を圧迫して呼吸困難で突然死した例や、同様に脂肪が総排出腔を塞いでしまって排泄障害で死亡した例が出てくる。

マウスとラットは完全食で栄養満点だが、野生環境に比べて飼育下は運動量がはるかに少ないわけだから、
容易に理解できる話ではある。

そこでウズラの雛とヒヨコを導入してみた(ともに冷凍)。
マウス&ラットに比べると安いんだな。
届いたのを開封してみると、なるほど、骨と皮と羽がほとんどで肉は少ない。
ちなみに雛ウズラが約8〜10g、ヒヨコが約40g。
においはかなり薄く、鼻を近づけると何かこう、少し甘ったるいような感じ(特にヒヨコ)。

グリーンパイソンは脱皮直後なので後回しにして、アマゾンツリーとアオダイショウに雛ウズラをやってみた。
アオダイショウは普通に食べたが、アマゾンツリーは3個体とも明らかに反応がいい。
今までだと、ワインレッド(茶色)はやればやるだけ食べるが、レッドとイエローはファジーラットやピンクラットを
1匹か2匹やれば落ち着いて、それ以上は見向きもしなくなるのが、3個体とももっとくれと言わんばかり。
試しにレッドにヒヨコをやってみると、かなり苦労していたが結局飲み込んだ。

あんまり肉はついていないが、鳥は甘くて美味しいのかもしれない。おやつ感覚か・・・。
これからはラットだけではなく、ウズラ(もう少し大きくなったらヒヨコ)も合わせて給餌していこうと思う。
ただ、ウズラは食いつきはいいけどすげー食いにくそう(笑)。

写真
有隣目ボア科アマゾンツリーボア Corallus hortulanus hortulanus
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/56-0090eaa4

 | HOME |