たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

05 « 2017-06 « 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        2012-11-06       Monument

福島第一原発の看板

6巡目の一時帰宅。
今までは自宅と富岡町内しか見てこなかったが、
今回初めて大熊町を通り双葉町まで、国道6号線沿いに北上してみた。

大熊町に入るとやはり空間線量はグッと上がるが、思ったほどではなかった。
ただ、谷のようになっている場所では放射性物質が溜まっているのだろう、非常に高い線量値が出た。

最も空間線量が高かったのは、福島第一原発そばで約 29 μSv/h(毎時マイクロシーベルト)。
夜ノ森の自宅周辺は約 3 μSv/hなので、約10倍だ。

「あの」看板

双葉町へ入る。
無人の、荒れ果てた町にたたずむモニュメント。
ある意味この双葉郡を象徴することになってしまった看板だ。

警戒パトロール中のパトカーが

看板の写真を撮っているとパトロール中の警察が。
警戒区域なので至るところをパトカーや救急車が見回っている。

今回は警戒区域入口の検問が愛知県警、警戒区域内のパトロールが福島県警と福井県警だった。
全国各地の警察官が交代で派遣されて来るのだ。

震災の爪痕

双葉町のパチンコ店。地震で倒壊寸前のまま放置されている。
鉄筋の建物がここまで傾くということは、おそらく手抜き工事だったんだろう。

田んぼは一面セイダカアワダチソウ

田んぼはセイタカアワダチソウに覆い尽くされ、一面真っ黄色だ。

野良牛

自宅での片付けを終え、時間になったのでスクリーニング場所へ戻る。
途中、富岡第二中学校付近を見ながら住宅街を走っていると、大きな黒い動物が・・・

野良牛

野良牛だ。この住宅に3頭の群れ、近くの道路を横切る別の1頭、合計4頭を見た。
捕獲作業は行われているものの、まだ野良で行きぬいている個体も多い。

富岡川

橋の上から見た富岡川。
きれいだ・・・。
だが、もうここで遊べる日は来ないだろう。

富岡川

川面を覗きこむと・・・

富岡川にサケが上る

サケが何匹もいて、産卵していた。
下流にある簗場(やなば)が津波で流されてしまっているため、サケがかなり上の方まで上がってきて産卵している。
昨年9月に知り合いが一時帰宅した際に見た時は、川面がサケで埋まっていたそうだ。

福島県の浜通りでは浪江町の請戸川のサケが全国的にも有名だが、その請戸地区もまた津波で壊滅している。
請戸の簗場は見る影もないだろう。

野良ダチョウ

おまけ。
昨年12月の一時帰宅の際に撮った野良ダチョウ。
ヨークベニマル裏にて。

大熊町のダチョウ牧場から逃げ出したダチョウがこのあたりに住み着いている。
(現在でも野良で生きているかどうかは不明)

写真
Nikon D3 + AF-S Nikkor 50mm F1.4G
Nikon D700 + AF-S Nikkor 35mm F1.4G
Canon IXY DIGITAL 510IS

スポンサーサイト

コメント

戻せない・戻れない現実、とても悲しいです。今、和歌山県の水害被災地で河川復旧工事にたずさわっております。作業中次から次へとサワガニが出てきます。環境は変わるでしょうが元のきれいな川になってほしいです。

田畑は雑草で見るも無惨ですが、川や海は逆に本来の姿を取り戻しつつあるようです。

この川ではもう10年以上遊んでいなかったので、こうなる前にもう一回だけでも遊んでおけば良かったと思います。

私たちには到底まねのできない力が自然にはあると思います。大自然の持つ力に期待したいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/75-e4e6a402

 | HOME |