たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-12-04       筑波山 行ってきたった

女体山の山頂

底性魚のワークショップも明日で終わり。
昨日はエクスカーションで筑波山へ行ってきた。
私を含めたポスドク3人で、外国人講師二人と学生一人を連れて行った。

メンバーの中で筑波山へ行ったことがあるのは誰もいなかったが、まぁ何とかなるだろうととりあえず行ってみた。
マーチンはあまり気乗りしないとのことで実習室で標本調査をして留守番。年齢のこともあるのでこちらとしても助かった。
なぜかノリノリだったアルとバリーの二人と、まだ人数的に車に乗れるなら行きたいと言った鹿児島大の荻原君が参加。

駐車場からロープウェイで女体山の山頂付近まで行き、少し散策して同様にロープウェイで降りてきて、筑波山神社を見て帰るというコース。

筑波山(女体山)

山頂付近は少しだが雪が積もっていた。道路や階段、石の上も氷が張っている。
靴の選択を誤った・・・。
ワークブーツじゃなくてトレッキングブーツにするべきだったわ・・・。

女体山の山頂へ

山頂は行列ができていた。
氷でツルツルのところがあちこちにあり、老齢の登山者たちがなかなか進めずに後ろが詰まってしまっているのだった。

私が履いていたレッドウィングのアイリッシュセッターは、靴底がフラットでもろに滑りやすいが、
誰あろう私のことである、心配しないでほしい。
抜群のボディバランスでひょいひょいと階段を昇り降りし、一度も転ぶことはなかったのだった。fin

筑波山での記念撮影

荻原君はワークショップのために来ているので登山用の服装など持ち合わせておらずピーコート。
まぁ仕方ねーよな。
でも、なぜかポスドクの中江君も普通のコート・・・。何考えてんだよ!
と、靴の選択を誤った私が言っても説得力ない!?

アイスを食べるバリー

サムイサムイー、と言いながらソフトクリームをたべるバリー。
アタマオカシイネ!

筑波山神社

女体山の後は筑波山神社へ。
ネットで調べたらかなり由緒ある神社なんだねここ。
こういった日本文化を英語で説明するのはなかなか難しいね。

筑波山神社の紅葉

山頂はとっくに紅葉は終わっていたが、筑波山神社にはまだ残っていた。
京都や日光など有名どころの紅葉に比べると見劣りしてしまうのは否めないが、それでも結構きれいで、楽しんでもらえたようだ。

ワークショップは明日までだが、外国人講師たちは土曜に帰国なので、今週いっぱいお世話係は続く・・・。

写真
D3 + Distagon 35mm F2 ZF

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/87-e5a1c200

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。