たゆたえど沈まず

MOGULER'S DELIGHT 別室 [NewEntry] [Admin]

カレンダー

09 « 2017-10 « 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

栗岩

管理人  [ 栗岩 ]

国立科学博物館・博士研究員
(兼)
神奈川県立 生命の星・地球博物館
博士研究員(外来研究員)

HP: MOGULER'S DELIGHT
(ほったらかし中)
http://higedura.com/

mail: spearfishing (アット) ab.auone-net.jp

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-12-15       星を見る者

アオミシマ

高知県御畳瀬にて、底曳網で捕れたミシマオコゼ科のアオミシマ。
英名は "スターゲイザー(Stargazer)"、和訳すると "星を見る者"。

砂泥底で体を砂にうずめ、顔だけあるいは眼だけを出して獲物を待ち伏せする。
眼が上方を向いているので付いた英名だが、獲物を待ち伏せているのではない、星を見ているのだ。
ということなのだろう。何とも風情のある名前だ。

ちなみに学名の elongatus は「伸長した」という意味で、この属の中でも細く伸長したその体型を表している。
種の特徴をよくとらえた名前だと言える。

アオミシマ

全体はこんな感じ。
アオミシマは深いところ(水深50m以深)にいるので銛で突いて捕れる種ではない。
ミシマオコゼ科ではキビレミシマとメガネウオは銛で突いて捕ったことがある。
キビレミシマが一番カッコ良くて好きかなぁ。メガネウオもごつくていいけど。

アオミシマ

頭部の拡大。

頭部をいろんな角度からマジマジと見ていたら、何かこう、ドクロっぽくて、パプアンパイソンを連想した。
特に一枚目の写真のように、頭部を上から見た時。

魚からなぜヘビを!?と思う人もいるかもしれない。
そんな人にはこう答えよう。今、俺の頭ん中はパプアンでいっぱいなんだ。

安西先生…パプアンが…欲しいです…

写真
スズキ目ミシマオコゼ科アオミシマ Xenocephalus elongatus
D3 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G, AF-S Micro Nikkor 105mm F2.8G

スポンサーサイト

コメント

オリーヴを手に入れたら次はパプアンを欲する。これ至極当然の流れです、はい。
パプアンは欲しいときに居ないというイメージですね。買わなかった事を何度後悔した事か・・・

1枚目、私はジャイマスに見えました^^;

ああ、そう言われると色合いが似てますね(ジャイマス)。

パプアンはそれほど興味なかったんですが、hiroさんの購入したやつを見て考えが変わりましたよ。
で、実際にオリーブが手元に来てパプアン熱がさらに上がり、
大御所サイト二つ(Groveling thingsとSerpent Gothique)のパプアンを見直して、購入意欲を確信、と。

オリーブ→パプアン、もしくはパプアン→オリーブはたしかに当然の流れのような気がします(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可  

トラックバック

http://higedura.blog.fc2.com/tb.php/91-3b966870

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。